• 本

クレモナのヴァイオリン工房 北イタリアの産業クラスターにおける技術継承とイノベーション

出版社名 文真堂
出版年月 2009年2月
ISBNコード 978-4-8309-4631-8
4-8309-4631-8
税込価格 5,832円
頁数・縦 256P 22cm

商品内容

目次

序章 本書の課題と分析視角
第1章 イタリア・ヴァイオリン製作の歴史
第2章 クレモナのヴァイオリン製作の現状と課題
第3章 クレモナのヴァイオリン製作の特徴―製作者の視点から
第4章 クレモナのヴァイオリン製作者へのアンケート調査の結果と分析
第5章 クレモナの産業クラスターの特徴

著者紹介

大木 裕子 (オオキ ユウコ)  
博士(学術)。京都産業大学経営学部・同大学院マネジメント研究科准教授。東京藝術大学器楽科卒業後、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団ヴィオラ奏者、昭和音楽大学専任講師、京都産業大学経営学部専任講師を経て現職。専門はアートマネジメント(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)