• 本

がっつり北海道だべさ!! 北の大地は人と自然の遊園地!

双葉文庫 せ−06−04

出版社名 双葉社
出版年月 2009年4月
ISBNコード 978-4-575-71354-1
4-575-71354-6
税込価格 617円
頁数・縦 252P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 帰ってきたべさ

    『北海道だべさ!!』シリーズ第4弾となる本書。うれしいことに、著者の千石涼太郎氏が故郷の北海道へ帰ってきたのです。そしてさっそくいろんな方面で交友関係を広げ、あちこちお誘いを受けるようになり、連日食べ歩き飲み歩き。今回はそんな生活の変化の中から生まれた「北海道の魅力」再発見の巻、となっています。Uターンの後押しとなった多くの人との出会い、改めて感じた日常生活での常識、そして時々悪習に物申したり。いい所も悪い所もひっくるめて包み隠さず書けるのは、やはりそこに愛があるから。この方が戻って来たからには、北海道に元気を吹き込んでくれるにちがいありません。

    (2009年5月2日)

商品内容

要旨

ついに帰ってきました、北の大地に!昨夏、東京から北海道へUターンを決行した、我らが千石涼太郎。「北海道だべさ!!」シリーズ4冊目となる本書は、「お節料理」「タクシー」「名犬」「魚醤」など、住んでみたからこそ見えてくる北海道&道産子の魅力をがっつり紹介!北海道愛溢れる、ますますパワーアップした“千石節”に、マニアも一見さんも、大満足。

目次

序章 北の大地にカンバックだべさ!!
第1章 北の大地は不思議の国なのだ
第2章 うれし恥ずかし道産子気質
第3章 北海道の食を味わってみれ!
第4章 北海道ってこんなんだっけ?
終章 蕎麦とワインで変わる北海道

著者紹介

千石 涼太郎 (センゴク リョウタロウ)  
北海道小樽市生まれ。ノンフィクション作家・エッセイスト。大学卒業後、出版社勤務を経て執筆活動に入る。1996年『やっぱり北海道だべさ!!』を上梓。以来、地方文化と県民性、そして北海道を主なテーマとして執筆している。小樽ふれあい観光大使。北海道愛好者ネットワーク“いんでない会”会長。「北海道ワインツーリズム推進協議会」会長。長年の東京生活を終え、現在、札幌市東区在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)