• 本

東アジアの歴史・民族・考古

アジア研究機構叢書人文学篇 第2巻

出版社名 雄山閣
出版年月 2009年3月
ISBNコード 978-4-639-02083-7
4-639-02083-X
税込価格 6,912円
頁数・縦 361P 22cm

商品内容

要旨

日本列島、沖縄諸島、台湾、ベトナム、カンボジアなど「東・東南アジア島嶼地域」の文化・社会変容に関する歴史・考古・人類学的研究の成果論集。

目次

歴史学篇(墓誌の社会史―日本列島を中心にして
七島・七島衆と東アジア海域
四川省綿陽地区の摩崖造像調査とその意義―道教像龕、阿弥陀仏五十菩薩像龕からみた地域性の問題を中心に)
民族学篇(台湾原住民の土器製作技術に関する民族考古学的調査
台湾原住民社会における社会の複雑化・階層化
メコン川沿国境地帯のカルチュラル・ランドスケープの動態と観光開発―ラオス・カンボジアの国境地帯の事例から)
考古学篇(一五世紀の沖縄先島の農耕をめぐって―石垣島仲筋貝塚出土土器の植物珪酸体分析
台湾における新石器時代の玉器
東南アジアにおける人間集団の拡散仮説とサーフィン文化)

著者紹介

新川 登亀男 (シンカワ トキオ)  
1947年生。早稲田大学文学学術院・教授
高橋 龍三郎 (タカハシ リュウザブロウ)  
1953年生。早稲田大学文学学術院・教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)