• 本

ベニシアの京都里山暮らし 大原に安住の地を求めて

出版社名 世界文化社
出版年月 2009年4月
ISBNコード 978-4-418-09502-5
4-418-09502-0
税込価格 1,188円
頁数・縦 167P 21cm

商品内容

要旨

ハーブを愛するイギリス人女性が見付けた幸せの種。34のエッセイと24のメッセージ。

目次

第1章 私の小さな農家と庭
第2章 ハーブから元気をもらう
第3章 ハーブに導かれて
第4章 妖精が棲む大原の自然を次世代に
第5章 生き方の選択
第6章 新鮮で安心できる食べ物

出版社
商品紹介

英国人女性・ベニシアがつづる日本の田舎暮らしの楽しみ。ハーブ、庭、そして大原の人々との温かい交流。

著者紹介

スタンリー・スミス,ベニシア (スタンリースミス,ベニシア)   Stanley‐Smith,Venetia
ハーブ研究家。1950年、イギリスの貴族の館で知られるケドルストンに生まれる。19歳の時、貴族社会に疑問を持ち、イギリスを離れインドを旅する。71年に来日。78年より京都で英会話学校を始め、現在の「ベニシアインターナショナル」を設立。96年、大原の古民家へ移住してハーブガーデンを作り始める。4人の子供と2人の孫を持つ。ハーブやガーデニングに関する記事を雑誌や新聞に執筆
梶山 正 (カジヤマ タダシ)  
山岳写真家。1959年長崎県生まれ。84年ヒマラヤ登山の後、自分の生き方を探すためインドを放浪。帰国後すぐに本格的なインド料理レストランDiDiを京都で始める。妻ベニシアはレストランのお客だった。主に自然、山岳写真を専門としている。山岳雑誌では、登山についての記事を連載している。登山ガイドブックなど共著多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)