• 本

鷺と雪

出版社名 文藝春秋
出版年月 2009年4月
ISBNコード 978-4-16-328080-6
4-16-328080-4
税込価格 1,512円
頁数・縦 261P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • ここで終わってしまうの?

    この続きが早く読みたい。英子お嬢様と若林はどうなるのか・・・昭和初期のまだ対称ロマンが薫る時代のゆったりとした物語。古きよき時代とはこんな時代のことだったのかも。そしてこんなところでお話が終わってしまうとは(絶句)

    (2009年8月25日)

  • 最終章が素晴らしい!

    第141回直木賞受賞作です。
    シリーズ三作目であり完結編だそうですが、前作の「街の灯」「玻璃の天」を読まないまま手に取りました。
    風景描写が綺麗で、所々に引用される文学や音楽は、きっと知識があればもっと楽しめるのだろうなと思わせられました。
    さて、この物語は良家の令嬢である英子とその付き人である女性運転手ベッキーが日常の人間関係の中で生まれた小さな疑問を謎解いていく、というものです。
    短編ミステリーかな?と思いながら軽く読んでいたのが悪かったです。まさか全てがあのラスト一行の為の伏線だったとは気づきもしませんでした。(時代背景をしっかり理解した状態で読んでいる方は気づいたでしょうが)
    参考文献という名の著者の後書きまで読み、それからまた最初から読み返しました。そうすると、あまり意識していなかった言葉たちが重みを持っていました。章が終わりに近づくに連れ、その重みは増していきます。
    それでも、まだ読みとれないことが多すぎて、自分の知識のなさが悔しいです。この作品の一文一文をしっかりと理解できるようになるまで、きっと何度も何度も読み返したくなる、そんな一冊です。

    (2009年7月29日)

他の書店レビューを見る

商品内容

文学賞情報

2009年 第141回 直木賞受賞

要旨

帝都に忍び寄る不穏な足音。ルンペン、ブッポウソウ、ドッペルゲンガー…。良家の令嬢・英子の目に、時代はどう映るのか。昭和十一年二月、雪の朝、運命の響きが耳を撃つ―。

出版社
商品紹介

日本にいるはずのない婚約者が写真に映っていた。英子が解き明かしたからくりは──。そして昭和11年2月、物語は結末を迎える。

おすすめコメント

女子学習院に通う士族令嬢・花村英子と女性運転手〈ベッキーさん〉が活躍するシリーズも、第3弾。ついに完結です。昭和10年秋、廉価で操作が簡単なカメラ〈オリムピック〉が発売され、英子の級友たちもこぞって手に入れた。だが小松子爵家の千枝子が初めて撮影した写真の中に、日本にいるはずのない婚約者が写っていたという。英子はその謎を解決できるのか? そして年も明けた昭和11年の、ある雪の朝。英子は運命の電話をかけてしまう……。時の歯車が動くように、人はただその道を歩むのみ。切なくも劇的な、シリーズの幕切れです。

著者紹介

北村 薫 (キタムラ カオル)  
1949年、埼玉県生れ。早稲田大学第一文学部卒業。大学在学中はミステリ・クラブに所属。高校で教鞭を執りながら、84年、創元推理文庫版日本探偵小説全集を編集部と共同編集。89年、「空飛ぶ馬」でデビュー。91年「夜の蝉」で日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)