• 本

稼ぐ妻・育てる夫 夫婦の戦略的役割交換 アメリカ人52人のワーク・ライフ・バランス

出版社名 勁草書房
出版年月 2009年4月
ISBNコード 978-4-326-60220-9
4-326-60220-1
税込価格 3,024円
頁数・縦 281P 22cm

商品内容

要旨

夫婦の経済力・育児インフラ・キャリアパスなど多角的な現地調査でアメリカ人夫婦の心情に迫り、日本のワーク・ライフ・バランスに重要な指針を示す。

目次

第1章 日米女性の比較:キャリアか子どもか、両方か
第2章 アメリカ男女の家事育児時間
第3章 アメリカ共働き夫婦の家事育児分担
第4章 夫の家庭責任と妻の家計責任
第5章 合理的な選択が専業主夫を生んだ
第6章 保育園不信・市場主義・個別交渉の文化
第7章 なぜ、アメリカ男性は家事や育児をやるのか
第8章 女性にも見られる保守的な志向・アメリカ女性の役割意識
第9章 アメリカ女性が仕事と育児を両立できる理由
第10章 私のワーク・ライフ・バランス

出版社
商品紹介

育児支援制度が乏しいアメリカ人夫婦が、育児とキャリアを両立する秘訣とは。丹念な現地取材でワーク・ライフ・バランスの本質をみる。

著者紹介

治部 れんげ (ジブ レンゲ)  
1974年生まれ。97年一橋大学法学部卒業。新聞社系の出版社に入社し、経済週刊誌などを担当。2006年7月〜2007年8月までフルブライト・ジャーナリストプログラムにて渡米、ミシガン大学女性教育センターにて客員研究員。「アメリカ男性の家事育児分担とそれが妻のキャリアに与える影響」について文献調査とインタビューを行った。2008年5月に長男を出産(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)