• 本

半島へ、ふたたび

出版社名 新潮社
出版年月 2009年6月
ISBNコード 978-4-10-316531-6
4-10-316531-6
税込価格 1,512円
頁数・縦 252P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 北朝鮮拉致被害者の蓮池薫さんの初の手記。初めて明かす、北朝鮮、拉致への思い・・・。新潮ドキュメント賞受賞。

    (2014年3月4日)

商品内容

文学賞情報

2009年 第8回 新潮ドキュメント賞受賞

要旨

「あれ、朝鮮半島じゃない!?」家内の声に飛行機の窓から覗き見る。その瞬間、僕のなかでおぞましい24年の歳月が甦った。初めて訪れたソウル。初めて明かす、北朝鮮、拉致への思い―。万感胸に迫る手記。

目次

第1部 僕がいた大地へ
第2部 あの国の言葉を武器に、生きていく

出版社
商品紹介

北朝鮮に隣接する地で見聞きした多くの事が、24年の記憶を甦らせる。拉致被害者である著者がソウルを旅して吐露する、初の南北比較論。

おすすめコメント

僕のなかの北朝鮮は、消し去ろうとしてもそう簡単に消し去ることができない。ボートで運ばれながら、殴られて腫れ上がったまぶたのすき間から見た最後の日本の姿は、故郷柏崎のほんわかとやさしい夜景だった。その二日後、北朝鮮に着いて目にしたのは、冷たく暗い清津(チョンジン)の夜景だった――拉致被害者である著者が、「北」に隣接するソウルを旅して吐露する辛苦に満ちた24年の記憶。初めての手記。

著者紹介

蓮池 薫 (ハスイケ カオル)  
1957年新潟県生まれ。新潟産業大学専任講師。中央大学法学部三年在学中に拉致され、二十四年間、北朝鮮での生活を余儀なくされる。帰国後、中央大学に復学。2005年、初の翻訳書『孤将』を刊行。2008年3月、大学卒業。訳書多数。著書もあり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)