• 本

日本を貶めた10人の売国政治家

幻冬舎新書 こ−10−1

出版社名 幻冬舎
出版年月 2009年7月
ISBNコード 978-4-344-98130-0
4-344-98130-8
税込価格 821円
頁数・縦 248P 18cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • ゴーマニズム宣言の著者小林よしのりが学者・言論人へのアンケート集計で最悪の「売国政治家」10人を選び出し、彼らが誰に国を売ったか、どんな罪を犯したか、なぜ彼らを許してはならないのかを徹底検証した狂気の書。テレビ・新聞でも話題騒然!

    (2014年1月14日)

商品内容

要旨

本当は誰もが政治家に期待している。いまこそ国会議員には働いてもらわねばならない。だが彼らの多くは「国家の名誉と安全を守ってほしい」という国民の最低限の願いすら打ち破く。それならば「売国奴」「国賊」という激烈な言葉で政治家を襲撃しようではないか―。学者・言論人へのアンケート集計で、最悪の「売国政治家」10人を選び出し、彼らが誰に国を売ったか、どんな罪を犯したか、なぜ彼らを許してはならないかを徹底検証した凶器の書。

目次

序論 売国政治家とは何か?
第1部 座談会 売国政治家と呼ばれる恥を知れ
第2部 10人の売国政治家を検証する!(河野洋平―単なる談話で日本を「性犯罪国家」に貶めた
村山富市―万死に値する「国民見殺し」「自国冒涜」の罪
小泉純一郎―「改革」で日本の富と生命を米国に差し出した
小沢一郎―「ねじれ現象」を生んだ無節操な国賊
中曽根康弘―靖国問題をこじらせた元凶
野中広務―自虐外交の嚆矢となった「不戦決議」
竹中平蔵―日本国を構造破壊し共和制に導く経済マフィア
福田康夫―無為、無内容、無感情
森喜朗―保守を絶滅に追い込んだ背後霊
加藤紘一―戦後レジームの滑稽なゾンビ)
第3部 私が断罪する売国政治家―アンケート公開

出版社・メーカーコメント

ワースト3位=小泉純一郎。2位、1位は!?国民の財産と生命をアメリカに売り渡し、弱者を切り捨てた売国奴。こんな日本になったのは、みんなこいつらのせいだ!凶器の言葉を投げつけよ。

著者紹介

小林 よしのり (コバヤシ ヨシノリ)  
昭和28年、福岡県生まれ。昭和51年、大学在学中に描いたデビュー作『東大一直線』が大ヒットする。平成4年「ゴーマニズム宣言」の連載がスタート、「ゴー宣」本編のみならず『戦争論』『沖縄論』『靖國論』『いわゆるA級戦犯』『パール真論』といったスペシャル編も大ベストセラーとなり、つねに論壇・言論界の中心であり続ける。平成21年、満を持して発表した『天皇論』は即ベストセラーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)