• 本

アセンションへのいざない

出版社名 アーバンプロ出版センター
出版年月 2009年7月
ISBNコード 978-4-89981-190-9
4-89981-190-X
税込価格 972円
頁数・縦 100P 21cm

商品内容

要旨

本来は自分自身の内側からやってくる『自発的な目醒め』に対して、いくら外側から『説明』を施しても限界がある、ということがアセンションを伝える難しさだとずっと感じてきました。本書は、歴然とした事実を淡々と目に訴え、先ずは先入観や固定概念の扉をノックすることから始まります。また人類と宇宙との交流について述べられている章は、図解が豊富で尚更衝撃的でもありますが、今後起こってくるだろう出来事を考えてみれば必要不可欠な要素とも思えます。アセンションはあくまで自分自身の選択です。おびただしい情報量や美しい文句にただ納得することよりも、何かを感じたり『なぜ?』と疑問を持つことも重要な要素なのではないでしょうか。本書のコンパクトさはそれを促す最良のきっかけになると感じます。アセンションに付きまとう特別感や浮遊感がないことは、読んでいて違和感を持たせませんし、巻頭のカラー写真の美しさは、それだけで目と心に訴えるものがあります。説明ではなく声高な説得でもない、ただあるがままを提示している誠実さが、確かな余韻を残す一冊です。

目次

ストーンサークルと巨石群
クロップサークル
オーブの群像
宇宙からの訪問者ゼータとの交流
スター・チルドレンとハイブリッド・チルドレン
クロップサークルの真意
アトランティス
人類の現状
アセンションへの道

出版社・メーカーコメント

目と心に訴える本; ;本来は自分自身の内側からやってくる『自発的な目醒め』に対して、いくら外側から『説明』を施しても限界がある、ということがアセンションを伝える難しさだとずっと感じてきました。; ;本書は、歴然とした事実を淡々と目に訴え、先ずは先入観や固定概念の扉をノックすることから始まります。また人類と宇宙との交流について述べられている章は、図解が豊富で尚更衝撃的でもありますが、今後起こってくるだろう出来事を考えてみれば必要不可欠な要素とも思えます。; ;アセンションはあくまで自分自身の選択です。おびた

著者紹介

小松 英星 (コマツ エイセイ)  
高知県生まれ。1960年東京大学経済学部卒業。日立製作所勤務。カリフォルニア大学バークレー校大学院留学。1987年よりSN(Science of Nature)研究所を主宰。地球の新時代に向けた啓蒙活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)