• 本

土の文明史 ローマ帝国、マヤ文明を滅ぼし、米国、中国を衰退させる土の話

出版社名 築地書館
出版年月 2010年4月
ISBNコード 978-4-8067-1399-9
4-8067-1399-6
税込価格 3,024円
頁数・縦 338,24P 20cm

商品内容

要旨

文明が衰退する原因は気候変動か、戦争か、疫病か?古代文明から20世紀のアメリカまで、土から歴史を見ることで社会に大変動を引き起こす土と人類の関係を解き明かす。

目次

第1章 泥に書かれた歴史
第2章 地球の皮膚
第3章 生命の川
第4章 帝国の墓場
第5章 食い物にされる植民地
第6章 西へ向かう鋤
第7章 砂塵の平原
第8章 ダーティ・ビジネス
第9章 成功した島、失敗した島
第10章 文明の寿命

著者紹介

モントゴメリー,デイビッド (モントゴメリー,デイビッド)   Montgomery,David R.
ワシントン大学地球宇宙科学科・地形学研究グループ教授。地形の発達、および地形学的プロセスが生態系と人間社会に与える影響を主要な研究テーマとする。『土の文明史』で一般ノンフィクション部門2008年度ワシントン州図書賞を受賞
片岡 夏実 (カタオカ ナツミ)  
1964年神奈川県生まれ。さまざまなジャンルの翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)