• 本

家日和

集英社文庫 お57−3

出版社名 集英社
出版年月 2010年5月
ISBNコード 978-4-08-746552-5
4-08-746552-7
税込価格 518円
頁数・縦 258P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 新ジャンル「家コメディ小説」!

    直木賞作家、奥田英朗氏が「家」をテーマにコミカルに綴った短編小説集です。

    ・インターネットオークションにはまった主婦が夫の○○を出品してしまい・・
    ・ある日出社すると、朝礼で倒産を告げられ、突然無職となる夫・・・
    ・妻と別居。家財はほとんど妻が持ち出してしまい・・
    ・夫がN木賞を取り突然セレブとなった作家の妻は「ロハス」に熱中・・・
    ・妻に無断で会社をやめ、突然「カーテン屋をはじめる」と言い出す夫・・・

    家庭がテーマの小説は悲劇や悲惨さが表に出がちですが、そこは奥田氏、コミカルに読みやすくまとめています。
    大げさな表現や抑揚も少なく、これぞ「平成の家族像」そのままを淡々語っています。

    どの短編も読後感が凄く心地よくて癒されます。

    (2012年2月12日)

  • 奥田らしい愚にもつかないお笑い小説

    愚にもつかないお笑い小説を書く偏屈な作家で、N木賞をとってから預金残高が1億を超え贅沢な生活を送っている奥田英朗の最新短編集は、家をテーマにしている。倒産や夫婦別居も奥田にかかれば楽しい在宅生活のスタートとなる。軽妙で含み笑いが絶えず、思わず納得する。

    (2010年7月21日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

会社が突然倒産し、いきなり主夫になってしまったサラリーマン。内職先の若い担当を意識し始めた途端、変な夢を見るようになった主婦。急にロハスに凝り始めた妻と隣人たちに困惑する作家などなど。日々の暮らしの中、ちょっとした瞬間に、少しだけ心を揺るがす「明るい隙間」を感じた人たちは…。今そこに、あなたのそばにある、現代の家族の肖像をやさしくあったかい筆致で描く傑作短編集。

出版社・メーカーコメント

家庭内の「明るい隙間」を描く傑作短編集ネットオークションにはまる専業主婦、会社が倒産し主夫となった夫、ロハスに凝る妻に辟易する小説家の夫……など。あたたかい視点で描く新しい家族の肖像。第20回柴田錬三郎賞受賞作。(鑑賞/益田ミリ)

著者紹介

奥田 英朗 (オクダ ヒデオ)  
1959年岐阜県生まれ。雑誌編集者、プランナー、コピーライターを経て97年『ウランバーナの森』で作家デビュー。2002年『邪魔』で第4回大藪春彦賞、2004年『空中ブランコ』で第131回直木賞、2007年『家日和』で第20回柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で第43回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)