本、雑誌、CD・DVDをお近くの本屋さんに送料無料でお届け!

本のこだわり検索


トップ > 本・コミック > 新書・選書 > 選書・双書 > 朝日選書


本

溥儀の忠臣・工藤忠 忘れられた日本人の満州国

朝日選書 867
山田勝芳/著
出版社名 : 朝日新聞出版
出版年月 : 2010年6月
ISBNコード : 978-4-02-259967-4
(4-02-259967-7)
税込価格 : 1,620円
頁数・縦 : 370,7P 19cm
出荷の目安 : お取り寄せ
通常5日〜3週間で出荷します
(GW期間の出荷/配送について)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品の内容

[要旨]

ラストエンペラー・溥儀から「忠」の名前を与えられた日本人。単に「大陸浪人の出世頭」としか評価されてこなかった人物―。溥儀に日本人として最も信頼され、中国裏社会にも精通し、張作霖爆殺事件の真相も握る。陸軍に疎まれながらも、満州国成立以前から清朝復辟運動を通じて溥儀を支え、満洲国の侍衛処長として溥儀に影のように付き添った工藤忠とは何者だったのか。日本語史料だけでなく中国語史料も駆使し、中国とラストエンペラーに生涯を捧げた人物の生涯を丹念にたどり、新たな溥儀像、満洲国像に迫る。

[目次]

第1章 工藤忠探索の始まり
第2章 大陸の旅へ―間宮海峡を一昼夜で歩く
第3章 革命から復辟へ―激変する中国情勢
第4章 復辟派活動と溥儀との出会い
第5章 甘粛往来と溥儀との接触
第6章 張作霖爆殺事件から満洲事変へ
第7章 溥儀の天津脱出から満洲国建国へ
第8章 溥儀と忠臣工藤忠
第9章 満洲国の崩壊から東京裁判へ

[出版社商品紹介]

皇帝・溥儀が最も信頼した日本人。中国とラストエンペラーに生涯を捧げた人物を通して新たな溥儀像、満州国像、昭和史に迫る。

おすすめコメント

皇帝・溥儀から「忠」の名前を与えられ、最も信頼された日本人。中国裏社会にも精通し、張作霖爆殺事件の真相も握る。陸軍に疎まれながらも、満洲国成立以前から清朝復辟運動を通じて溥儀を支え、満洲国の侍衛処長として溥儀に影のように付き添った。日本語史料だけでなく中国語史料も駆使し、中国とラストエンペラーに生涯を捧げた人物の生涯を丹念にたどり、新たな溥儀像、満洲国像に迫る。

著者紹介

山田 勝芳 (ヤマダ カツヨシ)  

1944年青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程(東洋史学専攻)中退。北海道教育大学助教授、東北大学教養部教授、同文学部附属日本文化研究施設教授、東北大学東北アジア研究センター教授を経て、東北大学名誉教授。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

著者情報

山田 勝芳

1944年青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程(東洋史学専攻)中退。北海道教育大学助教授、東北大学教養部教授、同文学部附属日本文化研究施設教授、東北大学東北アジア研究センター教授を経て、東北大学名誉教授。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

同じ著者名で検索した本

このページの上部へ