• 本

子育てハッピーアドバイス大好き!が伝わるほめ方・叱り方

出版社名 1万年堂出版
出版年月 2010年6月
ISBNコード 978-4-925253-42-0
4-925253-42-5
税込価格 1,008円
頁数・縦 193P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 大人だって子どもだってほめられたらもっと頑張れるんです。

    子育ての中叱り方に悩むパパ、ママはとても多いと思います。
    しかし大事なことは叱り方を学ぶ前に、ほめ方を学ぶことなのです。
    この本では、ほめることがいかに大事か、具体的なほめ方叱り方などが
    四コマ漫画でわかりやすく書かれています。文章を読む時間がないという
    ママ、パパも四コマだけでも見てみてください。
    子どもが幸せに育つためには「自己肯定感」(自分は愛されているんだ。
    失敗してもパパ、ママ、みんながいるから大丈夫なんだ。よし!もっと
    頑張るぞ!という気持ち)を育むことがとても大事なのだと気づかされました。(菜)

    (2011年8月27日)

  • ベストセラー「子育てハッピーシリーズ」の新刊は、子育てに奮闘するお母さん達への嬉しいアドバイス。ほめ方・叱り方の具体的な方法を四コマ漫画でわかりやすく教えてくれます。頭ではわかっていても、つい口をついて出てしまうキツい叱り言葉。夜子供の寝顔を見ながらこの本を読むと反省ですね。子供の頑張り・成長を見つけてほめる。この“見つける”が親の大事な仕事です。

    (2010年10月8日)

他の書店レビューを見る

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

叱り方に悩むママ・パパは、とても多いのですが、大切なのは「子どもの叱り方を学ぶ前に、まず、ほめ方を学ぶ必要がある」ということです。ほめ方が上手になれば、叱ることが減ってくるからです。

目次

子どもが幸せに育つために、いちばん大切なこと―たとえお金や学歴がなくても、「自己肯定感」があれば幸せを感じることができます
親からの最高の贈り物「自分のいいところも悪いところも、みんな受け入れられ、愛されている」これ1つ伝われば、子どもは輝きます
手のかかる子は、とってもいい子です
やる気の土台となる自己肯定感を育む8つの方法
子どもをほめる、宝探しの旅へ出よう―今すでにある、いいところ、がんばっているところを見つけていく
ほめ方その(1)できた1割をほめていけば子どもはぐんぐん元気になります
ほめ方その(2)やらないときは放っておく。やったとき、すかさずほめるのがいいんです
ほめ方その(3)「どうしてこのくらいできないの!」が、「あら、できたじゃない」に変わる魔法があります
ほめ方その(4)よその子と比較するよりも、その子が、少しでも成長したところを、見つけていきましょう
ほめ方その(5)こんなタイプの子は、時には、失敗をほめましょう〔ほか〕

出版社
商品紹介

ほめ方が上手になれば、それだけで叱ることが減ってくる。子育てが楽になる。輝ける子に育つ。300万部突破のシリーズ。

おすすめコメント

ほめ方が上手になれば、それだけで叱ることが減ってくる。350万部突破の四コマ漫画入り子育てアドバイスシリーズ。

著者紹介

明橋 大二 (アケハシ ダイジ)  
昭和34年大阪府生まれ。精神科医。京都大学医学部卒業。国立京都病院内科、名古屋大学医学部附属病院精神科、愛知県立城山病院をへて、真生会富山病院心療内科部長。児童相談所嘱託医、スクールカウンセラー、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)