• 本

川村治の「半歩先を行く!」 購買者をその気にさせるイベント・プロデュースの発想

出版社名 財界研究所
出版年月 2010年6月
ISBNコード 978-4-87932-070-4
4-87932-070-6
税込価格 1,620円
頁数・縦 196P 20cm

商品内容

要旨

「世の中の景気・不景気に関係なく、良い企画があれば仕事は生まれる」。大学時代のイベント企画成功を契機に、会社を起業して35年。学生ベンチャーからイベント・プロモーション専業トップに上り詰めた創業者が、仕事を成功に導く発想の原点を明らかにする―。

目次

第1章 イベント・プロモーション事業とは(イベント・プロモーションの位置づけ
企画をどう提案するか ほか)
第2章 起業の原点と創業時代(高校応援団
一転自宅に缶詰 ほか)
第3章 稲盛和夫さんとの出会い(稲盛さんの教え
転機 ほか)
第4章 変革期の広告業界とイベント・プロモーション(激変期の広告業界
結論をなかなか出せない時代 ほか)
第5章 逆境に立ち向かおう(日本に足りなくなった「頑張る人」を作る
社長みずから第一線で新規開拓の営業 ほか)

著者紹介

川村 治 (カワムラ オサム)  
1952年(昭和27年)8月生まれ。76年慶應義塾大学経済学部卒。76年7月テー・オー・ダブリューを設立、社長に就任。テー・オー・ダブリューの社名は「トップ・オブ・ザ・ワールド」の頭文字から付けた。89年株式会社に改組。2000年ジャスダック上場。08年東証1部に上場。09年7月会長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)