• 本

うまれる かけがえのない、あなたへ

出版社名 PHP研究所
出版年月 2010年9月
ISBNコード 978-4-569-79096-1
4-569-79096-8
税込価格 1,512円
頁数・縦 253P 19cm
■立ち読みページを見る (画像をクリックすると大きくなります)
天国郵便局からのお便り

商品内容

要旨

妊娠・出産をめぐるさまざまなドラマ。いのちの意味、親子・夫婦の関係の大切さ。

目次

プロローグ 映画『うまれる』が「うまれた」理由
第1章 胎内記憶と親子の絆―「うまれる前」の子どもたち
第2章 いのちを授かる―親になるということ
第3章 たしかに存在した小さないのち―「誕生死」を考える
第4章 二人で迎えるいのち―男女の役割とパートナーシップ
第5章 医療に救われるいのち―18トリソミーの虎ちゃんの成長
第6章 女性にとっての「産む」「産まない」―不妊治療を通して考えたこと
第7章 そして、出産―新しい自分が「うまれる」とき
エピローグ 映画と新しいいのちの誕生

出版社
商品紹介

不安を抱えながらも出産という一大イベントに取り組む夫婦を通して、うまれてきた意味や自分という存在の素晴らしさに気づく本。

著者紹介

豪田 トモ (ゴウダ トモ)  
映画『うまれる』企画・監督・撮影。株式会社インディゴ・フィルムズ代表。1973年、東京都多摩市出身。6年間のサラリーマン生活の後、映画監督になるという夢を叶えるべく、29歳でカナダへ渡り映画製作を学ぶ。帰国後はフリーランスの映像クリエイターとして、テレビ向けドキュメンタリーやプロモーション映像などを制作。2008年秋よりドキュメンタリー映画『うまれる』の製作を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)