• 本

えらんでうまれてきたよ 胎内記憶が教えてくれること

出版社名 二見書房
出版年月 2010年11月
ISBNコード 978-4-576-10156-9
4-576-10156-0
税込価格 1,080円
頁数・縦 81P 17cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

映画製作中に寄せられた珠玉のような「記憶の言葉」を1冊にまとめました。命の神秘を感じてください。

目次

1章 記憶の言葉―おなかの中のこと、覚えてる?(どんな色だった?
あたたかかった?寒かった? ほか)
2章 記憶の言葉―おなかに来る前はどこにいたの?(おなかに来る前はどこにいたの?
どうやっておなかに入ったの? ほか)
3章 記憶の言葉―どうやって生まれてきたの?(どうやって出てきたの?
生まれたあとはどうだった? ほか)
4章 おとなの言葉―わたしたちも選んできたのかもしれない(胎内記憶を知り、お産や子育てを通して母との絆が深まりました
両親の仲裁に嫌気がさしていた私。生まれてきた目的がわかり、楽になりました ほか)

出版社
商品紹介

今秋上映のドキュメンタリー映画「うまれる」製作過程で集まった、親子の絆と命の神秘に満ちた胎内記憶の言葉集。

著者紹介

池川 明 (イケガワ アキラ)  
1954年東京都生まれ。帝京大学医学部卒・同医学研究科修了。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年に池川クリニックを開設。胎内記憶・誕生記憶の研究を進める産婦人科医として講演などにも活躍中
豪田 トモ (ゴウダ トモ)  
1973年東京都生まれ。中央大学法学部卒。映画『うまれる』企画・監督・撮影。株式会社インディゴ・フィルムズ代表。カナダで映画製作を学び、帰国後はフリーの映像クリエイターとして活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)