• 本

複言語・複文化主義とは何か ヨーロッパの理念・状況から日本における受容・文脈化へ

リテラシーズ叢書 1

出版社名 くろしお出版
出版年月 2010年11月
ISBNコード 978-4-87424-505-7
4-87424-505-6
税込価格 2,592円
頁数・縦 177P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1部 複言語・複文化主義とは何か―ヨーロッパの理念・状況から(欧州評議会の言語教育政策
複言語・複文化主義の形成と展開
複言語主義理念の受容とその実態―ハンガリーを例として
「ヨーロッパ教育」における「複言語主義」および「複文化主義」の役割―近隣諸国との関係構築という視点から
言語教育機関におけるCEFR文脈化の意義―ベルギー成人教育機関での実践例からの考察)
第2部 アジア・日本における受容・文脈化の現状と展望(「移動する子ども」として成長した大学生の複数言語能力に関する語り―自らの言語能力をどう意識し、自己形成するのか
日本語学習者における複数のジャンルの獲得―複言語・複文化主義の視点からみえてくるもの
『JF日本語教育スタンダード試行版』における複言語・複文化主義―日本の言語政策の「異なる可能性」を探る
多言語・多文化に開かれたリテラシー教育を目指して―日本の小学校における言語意識教育の提案
台湾の郷土言語教育が示唆すること―複文化・複言語という視点から
議論形成の場としての複言語・複文化主義―言語教育における海外理論の受容とその文脈化をめぐって)
第3部 複言語・複文化主義関連文献一覧(複言語主義に関する主要な先行研究・公式文書―欧州評議会を中心として)