• 本

中国語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本 ゼロから始めた私があなたを助けます

CD BOOK

出版社名 明日香出版社
出版年月 2010年12月
ISBNコード 978-4-7569-1425-5
4-7569-1425-X
税込価格 1,620円
頁数・縦 159P 19cm
無題ドキュメント
本書の紹介
 7日間で、中国語の基本をマスター! 本書は、書店経営者という語学に関しては全くの「アマチュア」が、「通じる!」「現場で使える!」ことを目的に執筆した中国語の入門書です。中国語をまず楽しく学び、繰り返し学習できる内容として興味を持って気軽に取り組める、そんな「どうしても中国語を勉強しなければならなくなった人」に向けた本です。
 中国語で一番大事なのは、「四声(=イントネーション)」です。本書は7日間構成で、まず1〜2日目は「四声」の練習に重点を置いて、「通じる!」ための最短距離を進みます。3〜6日目は中国語の基本構文と会話フレーズを、そして7日目は実践編として出張や観光で中国を訪れた時や、日本に来た中国人と話す時によく使う会話フレーズを学びます。付属のCDを聴きながら発音練習を続けることにより、「言葉が通じる喜び」をあなたもきっと実感できます。
今までの中国語の入門書とはどう違うのか?5つのポイント
今までの入門書
本書
中国語の専門家を育成すること想定し、発音も文法も中国人と同じように完璧に話せるようになることを目標に指導。発音も文法もすべて100点満点を目指す。
「通じる!」喜びを感じてもらうことを目標に指導。最初から発音や文法で100点満点を目指さず、コミュニケーションをとれるレベルになることを目標にする。
膨大な量の「発音表」からスタート。日本語にはない子音の発音練習が延々と続き、それだけでイヤになってしまう。
 
子音の発音よりも、「四声(=イントネーション)」に重点を置く。「四声ができれば通じる」ことを強調し、「通じる!」ための最短距離を進む。
四声の各声調だけを単独に解説。会話の中での四声がどう使われているかの解説はない。

中国語の本で初めて「二文字の発音」に単独の章を割く。二文字の単語の四声の発音16パターンを徹底的に練習することで、中国語で出てくる四声のパターンをすべて網羅。日常会話はもちろん、長文の朗読にも対応できる底力を養うことができる。
文法の体系を重視した構成。語学を専門に勉強する学生には向いているが、てっとり早く中国語を身につけたい人には難解でつまらない。
文法はほとんど解説せず、「通じるためにはどう話せばいいのか」を重点的に解説。文例も出張や観光で中国を訪れた時や、日本に来た中国人と話すときによく使うと思われる文章を意識して選択。
語学学校の先生や大学の教授など「語学のプロ」が執筆。どうしても「語学の研究」に視点があるため難解な部分は否めない。

書店経営者という語学に関しては全くの「アマチュア」が、「通じる!」「現場で使える!」ことを目的に執筆。語学の研究には視点を置かず、中国語をまず楽しく学び、繰り返し学習できる内容として興味を持って気軽に取り組めるそんな「どうしても中国語を勉強しなければならなくなった人」に向けた本です。
■立ち読みページを見る (画像をクリックすると大きくなります)
中国語を始める前に

商品内容

要旨

本書は、書店経営者という語学に関しては全くの「アマチュア」が、「通じる!」「現場で使える!」ことを目的に執筆した中国語の入門書です。7日間構成で、まず1〜2日目は「四声」の練習に重点を置いて、「通じる!」ための最短距離を進みます。3〜6日目は中国語の基本構文と会話フレーズを、そして7日目は実践編として出張や観光で中国を訪れた時や、日本に来た中国人と話す時によく使う会話フレーズを学びます。

目次

中国語はこんなコトバです
2文字の発音
中国語の文
中国語の疑問文
中国語の助動詞
中国語会話 実践編

出版社
商品紹介

ゼロから中国語学習を始めた著者が、日本人学習者の立場で、7日間で基本会話ができるポイントを教える。

おすすめコメント

これから中国語を始めたいと思っている方へ。最初の1冊目は本書からスタートしてください。ゼロから中国語学習を始めた著者が、日本人学習者の立場で、7日間で基本会話ができるポイントを教えます。

出版社・メーカーコメント

7日間で、中国語の基本をマスター! 本書は、書店経営者という語学に関しては全くの「アマチュア」が、「通じる!」「現場で使える!」ことを目的に執筆した中国語の入門書です。中国語をまず楽しく学び、繰り返し学習できる内容として興味を持って気軽に取り組める、そんな「どうしても中国語を勉強しなければならなくなった人」に向けた本です。中国語で一番大事なのは、「四声(=イントネーション)」です。本書は7日間構成で、まず1〜2日目は「四声」の練習に重点を置いて、「通じる!」ための最短距離を進みます。3〜6日目は中国語の基本構文と会話フレーズを、そして7日目は実践編として出張や観光で中国を訪れた時や、日本に来た中国人と話す時によく使う会話フレーズを学びます。付属のCDを聴きながら発音練習を続けることにより、「言葉が通じる喜び」をあなたもきっと実感できます。

著者紹介

加藤 勤 (カトウ ツトム)  
昭和46年(1971年)、東京都に生まれる。平成16年(2004年)に書店チェーン、ブックスタマの社長に就任。赤字だった書店事業を黒字化し、現在、首都圏に11店舗を展開するに至る。平成22年(2010年)に北京に駐在事務所を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)