• 本

葉隠物語

出版社名 エイチアンドアイ
出版年月 2011年3月
ISBNコード 978-4-901032-97-1
4-901032-97-6
税込価格 1,728円
頁数・縦 415P 20cm

商品内容

要旨

佐賀鍋島藩祖直茂、初代勝茂は、戦国の余燼くすぶる時代を生き、仕える家臣たちも、主君の馬前で討死して武士道の全うを願った。しかし、時代は大きく変わる。二代光茂は武断な家風を厭い、追腹(殉死)を禁止。自らは命を懸けて和歌を極め、古今伝授の秘伝を受け、超一流の文化人となる。光茂が没するまで懸命に仕えた『葉隠』の語り手・山本常朝は、命を懸けた覚悟ある生き様こそ、人の命が輝くことを伝えたかった。

著者紹介

安部 龍太郎 (アベ リュウタロウ)  
昭和30年、福岡県生まれ。平成2年、『血の日本史』でデビュー。歴史時代小説の大作を続々と発表。平成17年、『天馬、翔ける』で中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)