• 本

日本の食糧が危ない

岩波新書 新赤版 1309

出版社名 岩波書店
出版年月 2011年5月
ISBNコード 978-4-00-431309-0
4-00-431309-0
税込価格 821円
頁数・縦 234P 18cm

商品内容

要旨

日本経済の見通しが不透明な中で、中国を始めとする新興国の需要増等で穀物価格が高騰し、食糧不足が目前に迫っている。輸入大国日本はこのままでいいのか?農政の目玉政策といわれる「戸別所得補償制度」や自給率向上のための飼料用コメの開発について検証しながら、TPPへの対処など真の食糧安保のために必要な政策を提言する。

目次

序章 野菜畑は中国人ばかり
第1章 戸別所得補償制度と日本農業
第2章 試論・農地は公有化すべし
第3章 食料自給率論争の不毛
第4章 世界の食を呑み込む中国
第5章 鍵は餌にあり―その1コメは救世主になるか
第6章 鍵は餌にあり―その2エコフィードの将来は?
第7章 無防備国家・日本
第8章 貿易の自由化と食料安保は両立するか?
第9章 メディアのあり方を問う
終章 飢餓から飽食、そして未来は?

著者紹介

中村 靖彦 (ナカムラ ヤスヒコ)  
1935年仙台市に生まれる。1959年東北大学文学部卒業。NHKに入り、教育局農事部などを経て、解説委員になり、農業・食料問題の分野を担当。米価審議会委員などを歴任。現在、東京農業大学・女子栄養大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)