• 本

別れの時まで

出版社名 小学館
出版年月 2011年5月
ISBNコード 978-4-09-386302-5
4-09-386302-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 253P 20cm

商品内容

要旨

その秘密に触れなければ、ずっと愛し合えていたはずだった―。胸が苦しくなる長編恋愛小説。

出版社
商品紹介

私は手記募集で応募してきた女性に関心を持つ。彼女は女優であり、交際を始めるが、彼女の家に出入りするうち私は監視されていることに気づく。

おすすめコメント

「水曜の朝、午前三時」著者の長編恋愛小説 私は手記募集で応募してきた女性に関心を持ち面接するが、彼女は女優であり、その波乱の人生に興味を持ち交際を始める。彼女には息子がいたが夫の影はなく、同じく娘を持つ私は共感を覚え密かな情事を深めていく。しかし彼女の家に出入りするうち私は監視されていることに気づき、息子の父親であるかつての「恋人」が指名手配されていることを知る。蓮見圭一氏は2001年11月、書き下ろしの長編恋愛小説『水曜の朝、午前三時』でデビュー。1970年に大阪で開かれた万国博覧会を舞台に国籍問題で引き裂かれていく男女の恋愛をミステリアスな筆致で描いた同作品は、新人作家の第一作にもかかわらず多数の読者の支持を得ました。「別れの時まで」は、蓮見氏が10年ぶりに満を持して発表する恋愛長編小説。「水曜の朝、午前三時」で展開されたミステリアスな筆致はさらに増強され、読者は謎が謎を呼ぶ主人公の恋愛にいつのまにかひきこまれ、どうしてもその行方を知りたいという衝動に包まれます。

出版社・メーカーコメント

私は手記募集で応募してきた女性に関心を持ち面接するが、彼女は女優であり、その波乱の人生に興味を持ち交際を始める。彼女には息子がいたが夫の影はなく、同じく娘を持つ私は共感を覚え密かな情事を深めていく。しかし彼女の家に出入りするうち私は監視されていることに気づき、息子の父親であるかつての「恋人」が指名手配されていることを知る。  蓮見圭一氏は2001年11月、書き下ろしの長編恋愛小説『水曜の朝、午前三時』でデビュー。1970年に大阪で開かれた万国博覧会を舞台に国籍問題で引き裂かれていく男女の恋愛をミステリアスな筆致で描いた同作品は、新人作家の第一作にもかかわらず多数の読者の支持を得ました。 「別れの時まで」は、蓮見氏が10年ぶりに満を持して発表する恋愛長編小説。「水曜の朝、午前三時」で展開されたミステリアスな筆致はさらに増強され、読者は謎が謎を呼ぶ主人公の恋愛にいつのまにかひきこまれ、どうしてもその行方を知りたいという衝動に包まれます。

著者紹介

蓮見 圭一 (ハスミ ケイイチ)  
1959年、秋田県生まれ。立教大学卒業。新聞、雑誌の編集者を経て、2001年『水曜の朝、午前三時』で小説家デビュー。同作は累計45万部を超えるベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)