• 本

マスカレード・ホテル

出版社名 集英社
出版年月 2011年9月
ISBNコード 978-4-08-771414-2
4-08-771414-4
税込価格 1,728円
頁数・縦 461P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全4件

  • 作家生活25周年の記念作というだけあって今までの集大成のような作品です。これは伏線か?など見破る気で読んでもやっぱり騙される。この感覚はくせになります。また新しい主人公の誕生の予感の本作。ぜひ手にとってお楽しみください。

    (2013年10月31日)

  • 大ベストセラー作家の東野圭吾
    彼の小説は最後の最後まで何が隠されているかわからないドキドキわくわくプラスミステリーで愛情深い作品ばかりです。
    超お薦めマスカレードホテル読んでください。
    あなたの期待を裏切らない一冊です。

    (2013年9月24日)

  • 今度の舞台は一流ホテル!

    東野圭吾氏の最新刊、今度は東京の一流ホテルが舞台。

    容疑者もターゲットも不明。わかっているのは、このホテルで殺人が起こるということ。警察はホテルの従業員として潜入捜査を開始します。
    いやー、おもしろかったです(^_^)さすが東野ワールド、健在です。今回は加賀刑事も湯川教授も登場しません。いわゆる「かっこいい」探偵役はいませんが、なかなか魅力的な新キャラクターに出会えます。
    詳しく話せないのがもどかしい(~_~;)
    本筋の合間に書かれるホテルの内情もなかなか興味深いです。色々苦労があるみたいですね(^^;;

    一気に読める、オススメの一冊です‼

    今や、ハードカバーの新刊がポンポン売れるのは
    東野氏くらいです・・・

    (2012年2月12日)

  • 騙された―!!

    伏線はあった。確かに沢山。でもどうしてこうなるって思う?う―…。騙された!!してやられた感満載。ちょっと悔しくもあり嬉しくもあり。東圭吾作品のファンなら堪らない一冊でしょう。また、そうでない方もホテルの裏側を覗けるのはちょっとお得ですよ☆
    しかしホテル業界って大変なんだな〜。勉強になりました(笑)

    (2011年9月11日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

不可解な連続殺人事件の次の犯行現場は、超一流ホテル。容疑者も、ターゲットも不明。事件解決のため、一人の男が選ばれた。完璧に化けろ。決して見破られるな。

出版社
商品紹介

都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場は、超一流ホテル・コルテシア東京らしい。殺人を阻止するため、警察は潜入捜査を開始し…。

出版社・メーカーコメント

新ヒーロー誕生! 極上の長編ミステリ都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場は、超一流ホテル・コルテシア東京らしい。殺人を阻止するため、警察は潜入捜査を開始し…。1行たりとも読み飛ばせない、東野ミステリの最高峰。

著者紹介

東野 圭吾 (ヒガシノ ケイゴ)  
1958年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞と第6回本格ミステリ大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)