• 本

ハバロフスク

切手紀行シリーズ 4

出版社名 彩流社
出版年月 2011年11月
ISBNコード 978-4-7791-1649-0
4-7791-1649-X
税込価格 3,024円
頁数・縦 189P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

空路2時間の知られざる欧州。大河アムール、煉瓦造りの街並み、金色に輝く教会の屋根…夏と冬で全く異なるハバロフスクの魅力を網羅した歴史紀行。写真・図版多数オールカラー。シベリア鉄道の小旅行体験や近郊の金正日の生地探訪なども加え、充実の内容。

目次

第1章 アムール川もしくは黒龍江
第2章 ムズィエーイ:黒澤とチェーホフ
第3章 赤軍
第4章 ムラヴィヨフ=アムールスキー通り
第5章 シベリア鉄道小旅行
第6章 帰還(ダモイ)―抑留の痕跡を歩く
付 “将軍様”のふるさと―ヴャツコエ訪問記

出版社
商品紹介

煉瓦造りの街並み、金色に輝く教会の屋根、夏と冬で異なるハバロフスクの魅力を網羅した歴史紀行。写真・図版多数、オールカラー。

著者紹介

内藤 陽介 (ナイトウ ヨウスケ)  
1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。郵便学者。日本文藝家協会会員。フジインターナショナルミント株式会社・顧問。切手等の郵便資料から国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し研究・著作活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)