• 本

不動産は「物語力」で再生する

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2011年12月
ISBNコード 978-4-492-55700-6
4-492-55700-8
税込価格 1,620円
頁数・縦 214P 19cm

商品内容

要旨

不良債権のホテルを『ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良2012』で紹介される優良ホテルに。荒れ果てた南禅寺界隈の名庭を再生、クリスティーズを通して世界的企業の創業者に売却。土地のメッセージを読み解く。「不良債権」を宝石に変える。

目次

第1章 インタビュー・不動産再生の物語は寂れてしまった名園から―屈指の名園「何有荘」で、世界的評価を集める
第2章 不動産は「物語力」で再生する―「不良債権」を宝石に変える
第3章 私自身の人生を再生する―「再生」が私のキーワードになった理由
第4章 人生は「物語力」で再生する―再生の物語はどうやって紡ぐのか
第5章 壊れかけたビジネスを再生させる―経営は常に、危機と隣り合わせ
第6章 経営の本質とは―「物語力」を最大化させる10の法則
第7章 インタビュー・日本の明日のために―グローバル時代の競争力を身につけるには

出版社
商品紹介

荒れ果てた南禅寺の庭園を3年で甦らせ、売却。不動産再生のプロが「物語」をキーワードに不良不動産をお宝に変える。

著者紹介

川井 徳子 (カワイ ノリコ)  
不動産業、運送業、観光業など5つの会社を束ねるノブレスグループの代表。1958年奈良県生まれ。立命館大学卒業(西洋史専攻)。学生時代より阿部謹也氏に傾倒。常に事象の奥底や裏側にあることを知ろうとすることを学ぶ。「ホテルアジール」は、阿部史学の影響による命名である。大阪21世紀協会が主宰する21世紀塾にて米山俊直氏に師事。その後、日置弘一郎氏(京都大学大学院経済学研究科教授)と中牧弘允氏(国立民族学博物館民族文化研究部教授)が主宰する国立民族学博物館における経営人類学の共同研究へ参加し、討論に加わる。何有荘の事業展開は、日置氏の指導によるところが大きい。97年に父親の会社を引き継ぎ、数々の困難を乗り越えながら、多くの不良債権物件を「物語力」で甦らせた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)