• 本

しあわせのパン

ポプラ文庫 み2−1

出版社名 ポプラ社
出版年月 2011年12月
ISBNコード 978-4-591-12699-8
4-591-12699-4
税込価格 648円
頁数・縦 207P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • おいしいパンと珈琲のお店に訪れる人たちを温かい料理とともに優しく包み込むりえさんと尚さん。彼らが少しずつ「夫婦」になっていく。寒い夜に温かい珈琲を飲みながら味わって読みたい本。

    (2012年1月19日)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

北海道の静かな町・月浦に若い“夫婦”が営むパンカフェがあった。実らぬ恋に未練する女性、出ていった母への思慕から父を避ける少女、生きる希望を失った老夫婦が次々と店を訪れる。彼らを優しく迎えるのは、二人が心を込めて作る温かなパンと手料理、そして一杯の珈琲だった。

著者紹介

三島 有紀子 (ミシマ ユキコ)  
大阪府生まれ。18歳から8ミリのインディーズ映画を撮り始める。大学卒業後NHKに入局し、主にドキュメンタリー番組を中心に手がける。「映画を撮りたい」という思いからフリーランスになって以降は映画の脚本執筆や、テレビドラマの演出などを中心に手がけ、映画『しあわせのパン』で初の長編映画監督を努める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)