• 本

新・幸福論 青い鳥の去ったあと

出版社名 ポプラ社
出版年月 2012年3月
ISBNコード 978-4-591-12695-0
4-591-12695-1
税込価格 1,188円
頁数・縦 211P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 幸福、とはヒトによって違うけどあえて刊行した五木流幸福論とは・・・。『幸福論』の関連本は多くありますが中でもよく売れている作品です。

    (2013年10月28日)

  • 新・幸福論 青い鳥の去ったあと

    五木寛之の物静かな語り口調が響いてきそうである。いま、ことに我々日本人は「幸福とは?」という問いかけに、自問自答しないわけにはいかない。当たり前にあった目の前の幸せが、一瞬にして消え去る現実をリアルに体験した。五木さんは、おしきせの幸福論ではなく、それぞれのひとりひとりの中の、幸福をみつけるための、小さなヒントをあたえてくれる。ずっと遠くから手招きするのではなく、ちょっとだけ前を歩くように、五木さんの文章は、水先案内人となってくれる。じっくりと読みこみたい書である。

    (2012年4月24日)

他の書店レビューを見る

出版社・メーカーコメント

幸福のイメージは、時代とともに変わります。世代によってもちがう。男性と女 性、民族、職業によっても異なります。百万人の人間がいれば、百万通りのちがう 幸福がある。それを承知で、あえて幸福について正直な感想をのべてみました。わ かっていることは、いま新しい幸福観が生まれつつある、ということです。 「お わりに」より 金子みすゞ、宮沢賢治、青い鳥(メーテルリンク)、星の王子さま(サン=テグジュペ リ)、かもめのジョナサン(リチャード・バック)、夜と霧(ヴィクトール・E・フラ ンクル)……。 永く愛される作家や作品にふれながら、明日が見えない時代の幸福とは何なのか、 不安に満ちた日々のなかでどう 見つければいいのかを、著者が手さぐりのなかで 書き綴る。幸福を求めるための真実のヒントがここに!