• 本

セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱

小学館101新書 138

出版社名 小学館
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-09-825138-4
4-09-825138-8
税込価格 778円
頁数・縦 222P 18cm

商品内容

要旨

東京大学在学中に、上野千鶴子ゼミに所属した著者は、性風俗産業に関わる人々を取材し、その問題点に気づく。大学を卒業後、誰もが安全な性サービスを受けられるインフラ作り―新しい「性の公共」を求めて、障害者への射精介助を行なう非営利組織「ホワイトハンズ」を起業する。物議を醸した「処女童貞卒業合宿」などをめぐって警察や行政と激しいバトルを繰り広げながら、それでもなお精力的に活動を続ける理由とは―。その尋常ならざる情熱を初めて綴る奮闘記。

目次

序章 私がセックス・ヘルパーです
第1章 東京大学での「性風俗研究」から分かったこと
第2章 射精介助、始めました
第3章 新しい「性の公共」を作る
第4章 あなたのセックスが社会を変える
終章 セックスを「社会の光」にするために

出版社・メーカーコメント

ニッポンの性と生を変える!

東京大学文学部在学中に、上野千鶴子ゼミに所属した著者・坂爪真吾氏は、新宿・歌舞伎町などで性風俗産業に関わる人々を取材。関わった人すべてを不幸にする風俗業界の惨状と問題点を明らかにした研究論文「機械仕掛けの『歌舞伎町の女王』」を発表した。  大学を卒業後、誰もが安全な性サービスを受けられるインフラ作り――新しい「性の公共」を求めて、障害者への射精介助を行なう非営利組織「ホワイトハンズ」を起業する。物議を醸した「処女童貞卒業合宿」などをめぐって警察や行政と激しいバトルを繰り広げながら、それでもなお精力的に活動を続ける理由とは何か――。  現在、全国18都道府県でケアサービスを提供している1981年生まれの著者が、その尋常ならざる情熱を初めて綴った奮闘記。

著者紹介

坂爪 真吾 (サカツメ シンゴ)  
1981年新潟県生まれ。東京大学文学部在学中に、性風俗産業の研究を行なう過程で、「関わった人全員が、もれなく不幸になる」性風俗産業の問題を知る。同大卒業後、性に関するサービスを、「関わった人全員が、もれなく幸せになる」ものにするために起業。2008年、「障害者の性」問題を解決するための非営利組織・ホワイトハンズを設立した。現在は全国18都道府県でケアサービスを提供している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)