• 本

海賊とよばれた男 上

出版社名 講談社
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-06-217564-7
4-06-217564-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 380P 20cm
シリーズ名 海賊とよばれた男

■立ち読みページを見る (画像をクリックすると大きくなります)

序章

序章

■『海賊とよばれた男』をもっと楽しむために! 登場人物相関図ほか (画像をクリックすると大きくなります)

登場人物相関図

登場人物相関図

著者からのメッセージ

 二年前のある日、テレビ関係の友人と雑談している時、「日章丸事件って知ってる?」と訊かれました。知らないと答える私に、彼女が概要を説明してくれたのですが、それは俄かには信じられない事件でした。いまだ戦争の痛手から立ち直れないでいた昭和28年、「七人の魔女」と呼ばれる強大な力を持つ国際石油メジャーと大英帝国を敵に回して、堂々と渡り合い、世界をあっと言わせた「日章丸」というタンカーがあったというのです。
 興味を抱いた私は早速調べてみましたが、事件の全貌を知るにつれ、驚愕すると同時に震えが止まらなくなりました。そこには現代の日本人が忘れかけている「勇気」「誇り」「闘志」そして「義」の心を持った男たちの姿があったからです。しかしそれ以上に私を驚かせたことがありました。それは、そんな男たちを率いた一人の気骨ある経営者の人生です。その九十五年の生涯はまさしく凄絶としか言いようのないものでした。

 ――なんという凄い男がいたんや!

 私は「この男を書きたい!」と心から思いました。いや――書かねばならない! この素晴らしい男を一人でも多くの日本人に知ってもらいたい!それが作家としての使命だ。
 気が付けば、取り憑かれたようにワープロに向かっていました。小説家になって六年、執筆しながらこれほどの充実感を覚えたことはありません。
 この作品は「小説」という形を取っていますが、登場人物はすべて実在しました。そしてここに描かれた出来事は本当にあったことです。この奇跡のような英雄たちの物語が、一人でも多くの日本人に届くことを心から願っています。

書店レビュー 総合おすすめ度: 全17件

  • 石油を武器に変えて世界と闘った男とはいったい何者か―実在の人物をモデルにした本格歴史経済小説

    (2014年1月15日)

  • 間違いなく、私の今年一番のオススメ本になると思います。日本人としての闘い方、日本人としての誇りの持ち方、日本人としての生き方。今、すべての日本人に読んでもらいたい一冊です。

    (2013年12月10日)

  • 実在の人物をモデルにした、歴史経済小説・・・と聞いて、とっつきにくそうな印象を持って読み始めたのですが、そんなことはまっったくありませんでした!
    最初から読みやすい文章で歴史モノという固さを感じさせません。
    上・下巻ありますが、上巻の前半部分から既に号泣!!
    国岡鐵造が熱い!熱すぎる!!
    戦前〜戦後と現在で置かれた状況は違いますが、同じく「仕事」をしている人間として考えさせられる部分が多くありました。
    そして、これは30代、40代・・・と時を経て読むと、
    また感じ方が確実に変わる本です。10代の時にも読んでおきたかったです。
    人生をともにする一冊に決定です。

    (2013年12月6日)

  • 以前から出光興産は他の会社とは違う好意的な印象を持っていました。この本を手に取り、読み進めるうちにその裏ではこのようなことが行われていたのかという驚きと感動を覚えました。あれだけのことを、たった一人の漢(おとこ)が自分の意思を曲げずにやり遂げたということは、ただただ驚きの言葉しか出てきません。こんな鉄の意志を持った漢(おとこ)は今の世の中にいるだろうか?これからも出てこないかも知れない。とにかく感動しました!!

    (2013年12月5日)

  • 上・下巻で読み応え充分、心が熱くなる作品。

    (2013年12月5日)

  • 自分の利益のためでなく、人のため、国のために働く主人公。
    どんなに苦しい状況でも努力しつづける主人公。
    こんなにかっこいい日本人はいません。
    「彼のようになりたい!自分も頑張ろう!」と勇気をもらえる小説です。

    (2013年12月5日)

  • 敵は七人の魔女。英国海軍の包囲をかいくぐった日本人の実話をもとにした壮大な叙事詩。(下)も発売。

    (2013年12月4日)

  • 2013年本屋大賞第1位!

    1945年8月15日、男の戦いは0からはじまった・・・
    馘首なし!タイムカードなし!定年なし!
    なにもかも失った経営者が命がけで守ったものは社員だった。

    (2013年12月4日)

  • 百田尚樹先生は、『探偵ナイトスクープ』等の番組の構成作家さんでしたが
    現在、大好評の『永遠の0』で作家デビューとなりました。
    皆さんご存知だとは思いますが、この作品で2013年に本屋大賞を受賞しています。
    百田先生曰く、本屋大賞をは直木賞を取るよりも素晴らしい!とのこと。
    手術で入院されている時にその一報をうけたそうなので、喜びもひとしおだったのではと…勝手に思っております。
    そんなユニークなキャラの先生が書いた、出光興産創業者・出光佐三氏モデルの今作品。
    一人の男の歴史を知ることのできる、とてもオススメの一冊です。

    (2013年12月4日)

  • 実在の人物をモデルにしたストーリーは、読者をどんどんと引き込みます。
    読み始めると、ページをめくり続けなければ終われない世界へと引き込まれ、
    「人は何のために働くのか」「働くとはどういうことか」を考えさせてくれます。2013年本屋大賞第一位作品。書店員もはまってしまった、すごい作品です。

    (2013年12月4日)

  • 「ただちに建設にかかれ。しかし、その道は、死に勝る苦しみと覚悟せよ」 という言葉とともに、終戦直後、国岡商店の戦後復興の道のりは始まった。国岡鐵造、60歳。実に還暦の年齢でありながら、彼はここから、企業人生最大の山場を迎えようとしていた。出光興産創業者である、出光佐三をモデルにした、ノンフィクションノベルです。石油をめぐる利権や国際競争をくぐりぬけ、自社のためならず日本のために尽力した復興期の経営者の姿が、濃密に描かれた傑作です。

    (2013年11月22日)

  • いわずと知れた本屋大賞をとった大ベストセラー。
    上下巻、と手に取るとなかなかの厚さですが、一気に読めます。
    国岡鐵造という一人の人物から発せられる熱量の大きさにびっくり。
    自分の信じる道を、どんな困難が目の前にあろうと、まっすぐに進んでいく姿に、ただただ圧倒されます。
    そして彼を支え続けた人々。
    特に日田さんの存在がとても印象的です。
    大丈夫だ、やってみろ、と背中をどーんと押してくれる存在の有り難さ。
    そしてそういう存在が今、あるだろうか、という切なさが同時に胸に湧きます。

    (2013年11月18日)

  • 2013本屋大賞ノミネート作ですが発売当初からよく売れています。主人公が戦後の日本に実在していたということに胸が熱くなります。この「熱さ」は必ず読んだ人の明日へのエネルギーになるはずです。また百万部突破の『永遠の0』を読んだ方なら必ず分かるあのページも必読です。

    (2013年10月22日)

  • ほっと きっと もっと ○○

    久しぶりに大作を読みましたが、正直疲れました。内容は素晴らしいですし文句のつけようがありませんが、普段文庫ばかり読んでいる私には重かったです。出光興産の話だということは皆さんもうご存知だと思いますが、百田直樹がどれだけ創業者に惚れ込んでいたかということがおなか一杯になるほど伝わってきます。戦後の日本は彼と彼の家族(社員)によって救われたといっても過言ではありません。

    (2013年10月19日)

  • 「2013年本屋大賞」が、100万部突破のベストセラー『永遠の0』の著者:百田尚樹さんの長編小説『海賊とよばれた男』に決まりました。石油を通じて世界を支配しようとする白人に対して、徒手空拳で闘いを挑み、勝利した出光佐三さんをモデルとしたドキュメント小説の傑作です。

    (2013年8月27日)

  • あの「永遠のゼロ」が永遠に読み継いでいかなければならない本だとするならば、「海賊とよばれた男」は、まさに今この時にすべての日本人に読まれてほしい本だと思う。日本には、こんなすごい男がいた。困難の時代に人を信じ続け、信念を貫き続けた男。希望の光を今、この本を読んで感じてください。

    (2013年7月25日)

  • モデルになった出光佐三さんは、福岡県宗像市の出身です!

    全国の書店員が「最も売りたい本」を投票で選ぶ「2013年本屋大賞」が、100万部突破のベストセラー『永遠の0』の著者:百田尚樹(ひゃくた・なおき)さんの長編小説『海賊とよばれた男』に決まりました。石油を通じて世界を支配しようとする白人に対して、徒手空拳で闘いを挑み、勝利した出光佐三さん(福岡県宗像市出身)をモデルとしたドキュメント小説の傑作です。この作品は、出光佐三という「異端の起業家」の物語であるのと同時に、「働く」ということについて、問いかけてくる物語でもあります。

    (2013年4月12日)

他の書店レビューを見る

商品内容

文学賞情報

2013年 第10回 本屋大賞受賞

要旨

敗戦の夏、異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、なにもかも失い、残ったのは借金のみ。そのうえ石油会社大手から排斥され売る油もない。しかし国岡商店は社員ひとりたりとも馘首せず、旧海軍の残油集めなどで糊口をしのぎながら、たくましく再生していく。20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。その石油を武器に変えて世界と闘った男とはいったい何者か―実在の人物をモデルにした本格歴史経済小説、前編。

出版社
商品紹介

『永遠の0』の百田尚樹氏渾身の書き下ろし。敵は七人の魔女。英国海軍の包囲をかいくぐった日本人の実話をもとにした壮大な叙事詩。(下)も発売。

おすすめコメント

【2013年本屋大賞受賞!】

著者紹介

百田 尚樹 (ヒャクタ ナオキ)  
1956年大阪生まれ。同志社大学中退。関西の人気番組「探偵!ナイトスクープ」のメイン構成作家。2006年『永遠の0』(太田出版)で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)