• 本

きのうの神さま

ポプラ文庫 に1−2

出版社名 ポプラ社
出版年月 2012年8月
ISBNコード 978-4-591-13042-1
4-591-13042-8
税込価格 648円
頁数・縦 223P 16cm

商品内容

要旨

村からただ一人、町の塾へ通っているりつ子は、乗っていた路線バスの運転手・一之瀬から突然名前を呼ばれ戸惑う。りつ子は一之瀬のある事実を知っていた(「1983年のほたる」)。人の闇の深さや業を独自の筆致で丹念に描き出し、直木賞候補になった傑作が待望の文庫化。

出版社・メーカーコメント

外科医の父が倒れ、慎也は病院で父に憧れ医師を志した兄と再会した。人の業を炙り出した直木賞候補作が待望の文庫化。

著者紹介

西川 美和 (ニシカワ ミワ)  
1974年、広島県出身。02年、『蛇イチゴ』でオリジナル脚本・監督デビューを果たす。06年、長編第2作となる『ゆれる』で第61回毎日映画コンクール日本映画大賞ほか、国内の主要映画賞を受賞。初めての小説執筆となった同名作品が三島由紀夫賞候補となる。09年、『ディア・ドクター』は、第33回モントリオール世界映画祭コンペティション部門に正式出品されるなど、国内外で絶賛される。同作のアナザー・ストーリーとして刊行された小説『きのうの神さま』が、第141回直木賞候補作となるなど、小説家としても高い評価を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)