• 本

喜望峰 ケープタウンから見る南アフリカ

切手紀行シリーズ 5

出版社名 彩流社
出版年月 2012年11月
ISBNコード 978-4-7791-1841-8
4-7791-1841-7
税込価格 3,024円
頁数・縦 173P 21cm

商品内容

要旨

ナポレオンが愛した高級ワイン、南極観測船「宗谷」との意外な接点などちょっとマニアックな喜望峰とケープタウンの物語。美しい景色とウンチク満載の歴史紀行。

目次

第1部 喜望峰とピノタージュ(喜望峰の発見者、バルテロメウ・ディアス
ケープ植民地の建設者、ファン・リーベック
十二使徒を前にクルーガーランド金貨を偲ぶ
キャンプス・ベイの絵葉書 ほか)
第2部 ケープタウン三角散歩(希望の女神
グランド・パレードのエドワード7世像
キャスル・オブ・グッド・ホープに入る
ウィリアム・フェール・コレクション ほか)

著者紹介

内藤 陽介 (ナイトウ ヨウスケ)  
1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。郵便学者。切手などの郵便資料から、国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し、活発な研究・著作活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)