• 本

たましいの場所

ちくま文庫 は42−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2012年12月
ISBNコード 978-4-480-43005-2
4-480-43005-9
税込価格 842円
頁数・縦 301P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • ふるえていたって、いいじゃないか。へたくそだって、それが自分なんだ。ーー何十年かぶりに再び歌うことをはじめた、歌手で元「本屋のおやじさん」の、ありのままの言葉。たましいに響きます。


    @増田書店×国立本店『国立ブックフェア2014 国立ほんとのサマー』紹介銘柄
    国立本店とは・・・
    国立市にあるコミュニティスペースを本拠地として、ほんとまち編集室が企画・運営。本・街・編集・デザインを意識しながら、さまざまなイベントやワークショップを行っています。 ( http://kunitachihonten.info/index.html )

    (2014年9月1日)

商品内容

要旨

18歳から21歳まで歌を歌っていた。早くおじいさんになろうと思い、25歳、町の本屋の主人として暮らしはじめた。そして二十数年後、無性に歌が歌いたくなり歌手として再出発した早川義夫の代表的エッセイ集。「恋をしていいのだ。恥をかいていいのだ。今を歌っていくのだ」。心を揺り動かす率直で本質的な言葉。文庫用に最終章を追加。

目次

この世で一番キレイなもの
たましいの場所
忘れていること、忘れられないこと
歌は歌のないところから聴こえてくる
僕は僕を知りたくて本を読む
文庫版のために

著者紹介

早川 義夫 (ハヤカワ ヨシオ)  
1947年東京生まれ。元歌手、元書店主、再び歌手(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)