• 本

福岡ハカセの本棚

メディアファクトリー新書 063

出版社名 KADOKAWA(メディアファクトリー)
出版年月 2012年12月
ISBNコード 978-4-8401-4927-3
4-8401-4927-5
税込価格 799円
頁数・縦 228P 18cm

商品内容

要旨

科学的思考と巧緻な文章力の原点。科学者・福岡伸一を生んだきわめつけの良書を熱く語る。

目次

第1章 自分の地図をつくる―マップラバーの誕生
第2章 世界をグリッドでとらえる
第3章 生き物としての建築
第4章 「進化」のものがたり
第5章 科学者たちの冒険
第6章 「物語」の構造を楽しむ
第7章 生命をとらえ直す
第8章 地図を捨てる―マップヘイターへの転身

おすすめコメント

「生命とは何か」を伝え続ける生物学者・福岡伸一は、自然科学はもちろん、文芸・建築・美術・絵本など、あらゆるジャンルの本を読んできたことで、いまの自分がつくられたという。ジュンク堂書店池袋本店で開催され、大きな話題を読んだ「動的書房」に収められた400冊以上の本をもとに、いまこそ読むべき70冊を厳選した「知」のブックガイド。

著者紹介

福岡 伸一 (フクオカ シンイチ)  
生物学者。1959年、東京都生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学研究員、京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授。2007年に発表した『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)は、サントリー学芸賞および中央公論新書大賞を受賞し、ベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)