• 本

経済の未来 世界をその幻惑から解くために

出版社名 以文社
出版年月 2013年1月
ISBNコード 978-4-7531-0309-6
4-7531-0309-9
税込価格 3,240円
頁数・縦 274P 20cm

商品内容

要旨

今日の金融危機に象徴される資本主義の全般的危機の真相が、“市場”万能主義という神話に基づいたパラドキシカルな帰結であることを論証し、かつ現代のグローバル化世界では、市場経済が政治の位置を簒奪していることに警鐘を鳴らす、本格的な現代文明批評。

目次

序 政治を幻惑する経済
第1章 経済と悪という問題
第2章 自己超越
第3章 終わりの経済学と経済の終わり
第4章 経済理性批判
結び 運命論を脱けて
補遺 時間、パラドクス

著者紹介

デュピュイ,ジャン=ピエール (デュピュイ,ジャンピエール)   Dupuy,Jean‐Pierre
1941年生まれ。哲学者。スタンフォード大学教授。エコール・ポリテクニク名誉教授。イヴァン・イリイチ、ルネ・ジラールの薫陶を受け、政治哲学から経済哲学、科学哲学に至る広汎な領域で活躍。とくに2000年代以降、「破局主義」の概念をめぐる諸著作によって注目を集める。また、フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)倫理委員会委員長を務めてもいる
森元 庸介 (モリモト ヨウスケ)  
1976年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。パリ西大学博士(人文学)。東京大学大学院教務補佐員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)