• 本

日本美術全集 14

若沖・応挙、みやこの奇想 江戸時代 3

出版社名 小学館
出版年月 2013年2月
ISBNコード 978-4-09-601114-0
4-09-601114-2
税込価格 16,200円
頁数・縦 287P 38cm
シリーズ名 日本美術全集

商品内容

要旨

若冲、応挙、蕭白、芦雪、蕪村、大雅…、18世紀の京都に綺羅星のごとく登場する画家たち。彼らはそれまでの伝統を打ち破り、新たな表現を模索し、さながら日本のルネサンスの様相を呈して、一気に花開いていく―まさに「日本のルネサンス」と呼ぶにふさわしい時代を一気に紹介。伊藤若冲『動植綵絵』全三十幅を美術全集としてはじめて、そのすべてを完全掲載。

目次

ミヤコに奇想横溢―18世紀の京都画壇
伊藤若冲 生涯と画業
応挙の力、芦雪の奇
せめぎあい、継承する、日本の文人画―関西を中心に
若冲『動植綵絵』の妙技―生命の美しさの表現追求
江戸時代後期の書

出版社・メーカーコメント

若冲、応挙、蕭白……、京都で競う奇想の美 18世紀の京都、伊藤若冲、円山応挙、曾我蕭白、長沢芦雪……、それまでのの画壇の因習を打破する新しい表現を目指す画家たちが一気に華ひらきます。個性的な「奇」の表現を競いあいながら広く世に問うた彼らの画業は、言わば「日本のルネサンス」の様相を呈し、その後の画壇の新しい潮流を形成します。それは、図らずもここ10年来、彼ら「奇想の画家」が中心をなしてきた現代日本の美術展覧会の動きにも通じます。ここのところ、つとに言われる「日本美術ブーム」を形成してきた画家たちが、次から次へと登場するのが本巻です。なんといっても、この巻の目玉は、2000年京都で開かれた「没後200年 若冲展」以来、日本美術ブームを牽引する画家、伊藤若冲の手になる畢生の大作『動植綵絵』全30幅の全点掲載を始めとした若冲の紹介です。これまでは数点しか掲載されてこなかった彼の画業を、今回は43点の作品を掲載と、これまでにない規模で、大きく取り上げます。さらに、若冲にとどまらず、蕭白、応挙、芦雪といった、互いに奇想を競った、京のみやこの絵師たちの画業を、ここのところの展覧会の成果を最大限に活用しながら、ふんだんに紹介します。