• 本

グレートジャーニー探検記

出版社名 徳間書店
出版年月 2013年3月
ISBNコード 978-4-19-863569-5
4-19-863569-2
税込価格 1,296円
頁数・縦 79P 21cm

商品内容

要旨

アフリカで誕生した人類がユーラシア大陸を通ってアメリカ大陸に拡散した道を、1993年から2002年にかけて、逆ルートでたどった関野吉晴の「グレートジャーニー」。旅のハイライトを関野吉晴自らがセレクトした、グレートジャーニー決定版。

目次

マゼラン海峡―ほえる海
パタゴニア南部氷床―嵐の大地
アンデス高地―インカの村
アマゾン―探検の原点
ギアナ高地―原始の地球
オリノコ―密林の知恵
ダリエン地峡―治安最悪の国境地帯
アラスカ―野生動物の楽園
ベーリング海峡―ユーラシア大陸へ
北東シベリア・ツンドラ地帯―氷とぬかるみの大地〔ほか〕

出版社
商品紹介

南米最南端からアフリカまで、自身の脚力・腕力でたどった関野吉晴の「グレートジャーニー」。人類の足跡をたどる旅の決定版。

著者紹介

関野 吉晴 (セキノ ヨシハル)  
一橋大学在学中に探検部を創設、アマゾン全踏査隊長としてアマゾン川全流を下る。その後医師となり、南米への旅を重ねる。1993年から2002年にかけて、アフリカで誕生した人類がユーラシア大陸を通ってアメリカ大陸に拡散した道を、南米最南端から逆ルートでたどる「グレートジャーニー」に挑んだ。2004年からは「新グレートジャーニー 日本列島にやってきた人々」をスタート。シベリアから稚内までの「北方ルート」、ヒマラヤからインドシナを経由して朝鮮半島から対馬までの「中央ルート」、インドネシア・スラウェシ島から石垣島までの「海上ルート」を踏破。1999年植村直己冒険賞受賞。現在武蔵野美術大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)