• 本

立身出世と下半身 男子学生の性的身体の管理の歴史

出版社名 洛北出版
出版年月 2013年3月
ISBNコード 978-4-903127-18-7
4-903127-18-4
税込価格 2,808円
頁数・縦 605P 20cm

商品内容

要旨

大人たちは、どのようにして少年たちの性を管理しようとしたのか?大人たちは、少年ひいては男性の性や身体を、どのように見ていたのか?この疑問を解明するため、過去の、教師や医師による発言、学校や軍隊、同窓会関連の書類、受験雑誌、性雑誌を渉猟し、当事者へのインタビューを敢行する。探究をつづけて10年―その成果をまとめたのが、この本である。

目次

序章 課題と方法
第1章 立身出世と性的行為の非両立―一八九〇年代における性的身体の使用禁止言説
第2章 「学生風紀問題」にみる青少年の性の問題化―一八八五〜一九一二年の『教育時論』記事を中心に
第3章 「男らしい」人生への誘導―一九一〇〜四〇年代の性教育における花柳病言説
第4章 M検と男子学生―一九三〇年代における男子の性の自己管理
結章 まとめと考察―「生産する身体」と「性的身体」がせめぎあう土壌としての男性身体

著者紹介

澁谷 知美 (シブヤ トモミ)  
1972年生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了、東京大学博士(教育学)。現在、東京経済大学准教授、ソウル大学奎章閣国際韓国学センター訪問研究員。専門は教育社会学、社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)