• 本

思考と動き

平凡社ライブラリー 784

出版社名 平凡社
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-582-76784-1
4-582-76784-2
税込価格 1,728円
頁数・縦 434P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ベルクソン哲学の方法を哲学者自身が集約的に説明。その核心を示す「序論」(=方法序説)二篇を書き下ろして編んだベルクソン哲学の方法論集。『精神のエネルギー』と対をなす絶好の入門書を的確な新訳で。

目次

1 序論(第一部)真理の成長、真なるものの遡行的運動
2 序論(第二部)問題の提起について
3 可能と現実
4 哲学的直観
5 変化の知覚
6 形而上学入門
7 クロード・ベルナールの哲学
8 ウィリアム・ジェームズのプラグマティズムについて―真理と実在
9 ラヴェッソンの生涯と業績

出版社
商品紹介

ベルクソンによるベルクソン哲学の方法論指南。自身の編んだ講演・論文集が持続と直観というベルクソン哲学の根本を納得させてくれる。

著者紹介

ベルクソン,アンリ (ベルクソン,アンリ)   Bergson,Henri
1859‐1941。19世紀末から20世紀前半のフランスを代表する哲学者。1927年、ノーベル文学賞受賞。日本では、夏目漱石、西田幾多郎、和辻哲郎、九鬼周造、小林秀雄らも愛読し、影響を受けた
原 章二 (ハラ ショウジ)  
1946年、静岡県生まれ。パリ大学博士(哲学)。現在、早稲田大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)