• 本

アイアンマン:エンター・ザ・マンダリン

ShoPro Books

出版社名 小学館集英社プロダクション
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-7968-7151-8
4-7968-7151-9
税込価格 2,160円
頁数・縦 144P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

超常的な力を秘めた10のリングを武器に、アイアンマンを苦しめるマンダリン。1964年に刊行された『テイルズ・オブ・サスペンス』#50での初登場、そしてアイアンマンとマンダリンの初対決エピソードを現代的な視点で描き直した秀作を初邦訳!その本当の力と深遠なる野望、そしてアイアンマンとの長きにわたる因縁の理由が本書で明らかに!アイアンマン最大の戦いは、ここから始まる!!

出版社・メーカーコメント

映画に登場するアイアンマン最大の宿敵、マンダリンとの初対決を完全邦訳!! 映画『アイアンマン3』で登場する最強の敵……マンダリン! 10のリングを持ち、超常的な力を操るこの男は何者なのか!? 10のリングからもたらされる強大な力を武器に、アイアンマンを苦しめるマンダリン。1964年に刊行された『テイルズ・オブ・サスペンス』#50での初登場、そしてアイアンマンとマンダリンの初対決エピソードを現代的な視点で描き直した秀作を初邦訳! その力の秘密や深遠なる野望、そしてアイアンマンとの長きにわたる因縁の理由が本書で明らかに! アイアンマン最大の戦いは、ここから始まる!! 【著者プロフィール】 ●ジョー・ケイシー[作]…コミック・ライター。マーベル・コミックスにてキャリアをスタートさせ、『インクレディブル・ハルク』『アンキャニイ・X-MEN』などを手掛ける。●エリック・カネッティー[画]…コミック・アーティスト。ペンシラー、インカー、カラーリストとして手掛けた作品は『ウェブ・オブ・スパイダーマン』『サンダーボルツ』など多数。●柳 亨英[訳]…翻訳家。主な訳書に『I KILL GIANTS』(小学館)などがある。(c) 2013 MARVEL

著者紹介

ケイシー,ジョー (ケイシー,ジョー)   Casey,Joe
MARVELでライターとしてデビューし、『Uncanny X‐Men』や『Incredible Hulk』等を担当。WILD STORMやDCなどでも活躍し、現在はIMAGEで個人タイトルを展開している
カネッティー,エリック (カネッティー,エリック)   Canete,Eric
コミック・アーティストとして、MARVELの他、DCやDARK HORSEなどでも活躍。また、ストーリーボード・アーティストとしても活躍
柳 亨英 (ヤナギ アキヒデ)  
アメコミの翻訳(『I KILL GIANTS』(小学館刊))、イベント企画、編集、トークショー等、アメコミに関わることならなんでも手掛けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)