• 本

ほとけを造った人びと 止利仏師から運慶・快慶まで

歴史文化ライブラリー 366

出版社名 吉川弘文館
出版年月 2013年8月
ISBNコード 978-4-642-05766-0
4-642-05766-8
税込価格 1,944円
頁数・縦 259P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「ほとけ」、すなわち仏像はいかなる人々によってなぜ造られたのか。止利仏師や定朝、運慶、快慶ら、飛鳥時代より鎌倉前期に活躍した仏師の姿や、彼らが率いた工房の活動を描き出す。仏像をより深く理解できる一冊。

目次

飛鳥時代の仏師(仏像製作のはじまり
止利(鳥)をめぐって ほか)
奈良時代の仏師(官営工房による造仏の時代
造東大寺司をめぐって ほか)
平安時代前期の仏師(造東大寺司廃止後の仏師の動向
官営工房系仏師の展開 ほか)
摂関期の仏師(康尚の時代
定朝の時代 ほか)
院政期の仏師(円派仏師の動向
院派仏師の動向 ほか)
鎌倉時代前期の仏師(慶派仏師の台頭
運慶の時代 ほか)

出版社
商品紹介

仏師とは何者か?なぜ「ほとけ」を彫ったのか? 止利仏師、運慶、快慶ら仏師の姿や、彼らが率いた工房の活動を描き出す。

著者紹介

根立 研介 (ネダチ ケンスケ)  
1956年新潟県に生まれる。1980年京都大学文学部卒業。1981年京都大学大学院文学研究科修士課程中退。京都府教育庁指導部文化財保護技師、文化庁文化財保護部美術工芸課文化財調査官、京都大学大学院文学研究科助教授を経て、京都大学大学院文学研究科教授、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)