• 本

家族写真は「」である。

出版社名 亜紀書房
出版年月 2013年8月
ISBNコード 978-4-7505-1319-5
4-7505-1319-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 203P 図版32P 19cm

商品内容

要旨

写真集『浅田家』は、写真ファンだけではなく、多くの人びとに共感をもって迎えられた。「私ももっと楽しい家族写真が撮りたい」と。どうして親は子どもを撮りたいと思うのか、日本人にとって写真はどんな存在なのか、家族っていったい何なのか、『浅田家』は多くのことを問いかけてくる。写真家・浅田政志が生まれるまで。『浅田家』制作の裏側。震災後、被災地での家族写真洗浄のボランティア。日本の家族を追いかける『みんな家族』プロジェクト…。本書は、木村伊兵衛写真賞受賞作家の浅田政志の、家族論であり写真論である。

目次

1 ぼくの家族と家族写真
2 『浅田家』ができるまで
3 東北で出会った家族写真
4 家族アルバムを作ろう
5 さまざまな家族のすがた
6 新しい家族を撮る
日本家族写真史1 人類学者の家族アルバム論
日本家族写真史2 写真家たちの家族写真

出版社
商品紹介

もし1度きりしかシャッターを押すことができないとしたら、何を撮るだろう。木村伊兵衛賞作家・浅田政志の家族論であり写真論。

著者紹介

浅田 政志 (アサダ マサシ)  
1979年三重県生まれ。日本写真映像専門学校在学中より自身を含めた家族が被写体となり、家族写真を撮り始める。写真集『浅田家』(赤々舎)で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。『みんな家族』の企画では全国の家族のもとを訪れ、家族の現状を丁寧に話し合いながら1枚の家族写真を撮影している。国内外で個展、グループ展を精力的に開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)