• 本

勝負論 ウメハラの流儀

小学館新書 181

出版社名 小学館
出版年月 2013年10月
ISBNコード 978-4-09-825181-0
4-09-825181-7
税込価格 799円
頁数・縦 252P 18cm

商品内容

要旨

17歳で世界大会に優勝し、「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネスにも認定されている著者が、「勝負」についての考え方を余すところなく綴る。「勝ち続けることと単発の勝ちはどう違うのか」「どうして僕は勝ち続けられるのか、読者がそれぞれの世界で勝ち続けるにはどうすればいいのか」。目先の勝利にこだわらず、成長を続けることで「勝ち続ける自分」を築き上げてきた著者が、自らの経験をもとに明かす「実践的勝負哲学」。

目次

第1章 なぜ勝ち続けることが大切なのか?(「勝ち」と「負け」、そして「勝ち続ける」を定義する
勝ち続けることと、100戦100勝であることは違う ほか)
第2章 勝ち続ける自分を設定する(どうして不安になってしまうのか
今の僕に目標はない ほか)
第3章 勝ち続ける基礎を固める(効率を追求しすぎない
若い人の吸収力に対抗する ほか)
第4章 勝ち続ける知識と思考(知識の重要性
頭の回転の「速さ」と「強さ」 ほか)
第5章 勝ち続けるメンタルの構築法(勝つために手段は選ぶ
フェアであることの大切さ ほか)

出版社・メーカーコメント

勝ち続けるためにウメハラが考えてきたこと 17歳で世界大会に優勝し、「世界で最も長く賞金を稼ぎ続けているプロ・ゲーマー」としてギネスにも認定されている著者が、「勝負」についての考え方を余すところなく綴る。「勝ち続けることと単発の勝ちはどう違うのか」 「どうして僕は勝ち続けられるのか。そして読者がそれぞれの世界で勝ち続けるにはどうすればいいのか」。日々成長を続け、変化し続けることで「勝ち続ける自分」を築き上げてきた「世界のウメハラ」。本書には、前作『勝ち続ける意志力』刊行後も成長を続け、さらにブラッシュアップされた著者の「実践的勝負哲学」が凝縮されている。【編集者からのおすすめ情報】 前作『勝ち続ける意志力』刊行後も、著者はその信念の通り、変化し続け、成長し続けています。勝負に対する考え方もより深く、研ぎ澄まされてきました。その梅原さんが今回は、前作よりさらに実践的な「正しい勝ち方」を語り尽くしています。

著者紹介

梅原 大吾 (ウメハラ ダイゴ)  
1981年青森県生まれ。日本人初のプロ・ゲーマー。14歳で国内最強となり、17歳で世界大会に優勝。2010年4月にはアメリカの企業とプロ契約を結ぶ。同年8月「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネスに認定される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)