• 本

剛剣馬庭 文庫書下ろし/長編時代小説

光文社文庫 と21−8 隠目付江戸日記 6

出版社名 光文社
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-334-76659-7
4-334-76659-5
税込価格 583円
頁数・縦 270P 16cm

商品内容

要旨

釣宿の用心棒をしている駿河国江崎藩隠目付の海野洋之介。ある日、釣りに出かけた帰りに人だからを見かけて近寄ると、武士の骸があり、それは自分が目付を務めていた江崎藩藩士だった。隠目付として探索を始めた洋之介の周囲で江崎藩士が次々に殺され、ついには洋之介の前に剛剣の剣客が!はたして、その「黒幕」とは―。江戸情緒と迫力剣戟たっぷりのシリーズ第六弾。文庫書下ろし名作時代小説。

著者紹介

鳥羽 亮 (トバ リョウ)  
1946年生まれ。埼玉県出身。埼玉大学教育学部卒業。’90年、デビュー作「剣の道殺人事件」で第36回江戸川乱歩賞を受賞。自らの剣道体験などをもとに綴った剣豪小説、時代ミステリーで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)