本、雑誌、CD・DVDをお近くの本屋さんに送料無料でお届け!

    本のこだわり検索


    トップ > 本・コミック > 文庫 > 日本文学 > 小学館文庫


    本

    下町ロケット

    小学館文庫 い39−3
    池井戸潤/著
    出版社名 : 小学館
    出版年月 : 2013年12月
    ISBNコード : 978-4-09-408896-0
    (4-09-408896-2)
    税込価格 : 778円
    頁数・縦 : 493P 15cm
    出荷の目安 : 通常1〜2日で出荷します

    書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

    伊吉書院類家店 (青森県八戸市) おすすめ度:

    いまの自分は好きですか?
    いまの仕事は好きですか?
    大切な人はそばにいますか?
    小さいころにみた夢、覚えていますか?

    研究者をあきらめて実家の工場を継いだ佃航平。
    ライバルの妨害で大ピンチの会社を救うには、自分の夢を売り渡すしかなく…?

    追い詰められても追い詰められても前を向き、人と支え合い夢を守り叶える。
    いまを懸命に生きていて、この姿に胸を打たれない人はいないはず。
    明日の一歩が大きく変わる一冊です!
      (2015年10月17日)

    KaBoS 大桑店 (石川県金沢市) おすすめ度:

    池井戸さんの本もこれが5冊目。半沢直樹のシリーズも良かったけれど、これは格別。男のロマンを純粋に追い求める姿にジンときます。元宇宙ロケット技術者の主人公が、挫折を乗り越えて、夢を実現するハッピーエンドストーリーなのですが、冒頭からロケット打ち上げの失敗による挫折、離婚、父親の家業を継いだ会社での人間関係、資金繰りの悪化、メインバンクの冷淡な態度、訴訟問題の出現・・・これでもかとばかりに出現し、主人公を悩ませる問題群がどんどん物語を熱くさせていきます。思わず泣けてくるのは、こみ上げる感動と相まって、己のふがいない現実に対する悔し涙でしょうか(苦笑)  (2014年4月25日)

    この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

    商品の内容

    [要旨]

    研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた―。男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!第145回直木賞受賞作。

    出版社・メーカーからのコメント

    あの直木賞受賞作が、待望の文庫化! 「お前には夢があるのか? オレにはある」 研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた――。男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編! 第145回直木賞受賞作。池井戸潤、絶対の代表作 (解説・村上貴史)

    著者紹介

    池井戸 潤 (イケイド ジュン)  

    1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。98年に『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞、11年『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    著者情報

    池井戸 潤

    1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。98年に『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞、11年『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    同じ著者名で検索した本

    このページの上部へ