• 本

文豪たちが書いた怖い名作短編集

出版社名 彩図社
出版年月 2014年1月
ISBNコード 978-4-88392-966-5
4-88392-966-3
税込価格 640円
頁数・縦 191P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • ゾクゾクする文豪の作品

    この本は、11人の文豪が描いた怖い名作を集めたものです。
    幽霊の恐ろしさとは別に、人に魔がさすことの恐怖が描かれた「剃刀」や奇妙で人に恐怖を与える話「卵」などがあります。あの江戸川乱歩や夏目漱石の作品も収録されていて、とても楽しめる短編集となっています。また、寒気がする様なゾッとする話がぎっしりと詰められています。その中に「紅皿」という話があります。この話は、河童の話で、片方の河童の発言全てに二つの捉え方があり、どちらの捉え方をしても、同じ結末なのが恐ろしく感じました。
    このように、色々な項目からの恐怖を楽しめるので、ぜひ読んでみてください。

    (2017年8月1日)