• 本

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-04-891983-8
4-04-891983-0
税込価格 1,620円
頁数・縦 318P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 感動のノンフィクション?いいえ指南書かもしれません。

    タイトルそのままに、どんな過程を経て慶應大学に合格したのかが書かれた実話。紹介されている参考書はどれもオーソドックスなものばかりで、これらを参考にして自分の勉強に役立てる受験生も出て来そう。けれどあえて親御さんにも、もっと言えば部下・後輩の指導に頭を抱えるすべての方々にもお勧めしたい!必要なのは特別な環境やツールじゃない、ということを教えてくれます。

    (2014年5月28日)

商品内容

文学賞情報

2014年 第49回 書店新風賞受賞

要旨

一人の教師との出会いが、金髪ギャルとその家族の運命を変えた―投稿サイトSTORYS.JPで60万人が感動した、笑いと涙の実話を全面書き下ろしで、完全版として書籍化。子どもや部下を伸ばしたい親御さんや管理職に役立つノウハウも満載。

目次

第1章 金髪ギャルさやかちゃんとの出会い
第2章 どん底の家庭事情、批判にさらされた母の信念
第3章 始まった受験勉強、続出する珍回答
第4章 さやかちゃんを導いた心理学テクニックと教育メソッド
第5章 見えてきた高い壁―「やっぱり慶應は無理なんじゃないかな」
第6章 偏差値30だったギャル、いよいよ慶應受験へ
第7章 合格発表と、つながった家族

出版社
商品紹介

一人の教師との出会いが、金髪ギャルと家族の運命を変えた。ネットで60万人が感動した、笑いと涙の奇跡の実話――。その完全版を書き下ろし小説化。子や部下を伸ばしたい親や上役に役立つ心理学テクニック等も満載。

著者紹介

坪田 信貴 (ツボタ ノブタカ)  
株式会社青藍義塾(せいらん・ぎじゅく)代表取締役塾長、学校法人大浦学園理事長。自ら生徒を指導する教育者でありながら、同時に、IT企業など複数社を創業した起業家であり、それらの経営者でもある。その活動の場は日米にまたがり、ネイティブ並みの英会話力を誇る。TOEICは990点(満点)。これまでに1000人以上の子ども達を個別指導し、心理学を駆使した学習指導法により、生徒の偏差値を短期間で急激に上げることで定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)