• 本

デザインマンホール100選 阿寒から波照間島へ旅歩き

出版社名 アットワークス
出版年月 2014年2月
ISBNコード 978-4-939042-94-2
4-939042-94-4
税込価格 1,836円
頁数・縦 215P 21cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 東京堂書店 神田神保町店より

    ご当地キャラならぬ、ご当地マンホール。
    こんなにもマンホールがクローズアップされる本は、そうそうありません。
    北は北海道阿寒から沖縄の波照間島まで、全国津々浦々。
    名物名勝などいろいろなモチーフがマンホールに施されています。
    お気に入りのマンホールを見るために、旅に出かけるのもいいかもしれません。
    今度の旅先では、下を向いて歩こう!

    (2014年3月8日)

商品内容

要旨

世界に例のない日本のサブカルチャー、マンホールデザイン。メッセージが明快でデザインが素晴らしい、100枚のマンホールと、その仲間たち。

目次

鶴―丹頂鶴(阿寒町)
夜空―オーロラ(陸別町)
湖―摩周湖(弟子屈町)
動物園―シネガー(夕張市)
ねぶた―立佞武多(五所川原市)
しゃれ―大きなワニ(大鰐町)
龍―龍ちゃん(岩泉町)
働く女性―北限の海女(久慈市)
花火―競技花火(大曲市)
雪と氷―かまくら(横手市)〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

日本人は世界に類を見ない面白いマンホールの蓋を沢山作っています。本書は、各地にある地元自慢のマンホールの蓋を集めた愉快な本。阿寒の丹頂鶴、大曲の競技花火、牛久の河童、波照間の星空観測タワーまで100種を紹介。