• 本

木にとまりたかった木のはなし

出版社名 河出書房新社
出版年月 2014年3月
ISBNコード 978-4-309-27480-5
4-309-27480-3
税込価格 1,944円
頁数・縦 37P 25cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • あるところに、鳥ならだれでも「とまりたいなあ」と思うようなかっこいい木がありました。いろんな鳥がその木にとまっては、必ず「木にとまるのってきもちがいい!」と言いました。ある日、木が「ぼくも木にとまってみたい」と言いました。鳥たちは相談しました。「いつもしんせつにとまらせてくれる木のおねがいだもの、どこかみはらしのいい木にとまらせてあげよう!」鳥たちが木を持ち上げて、さあ大冒険のはじまりです。
    この絵本は、小さい頃に木にとまりたいなあと思っていた黒柳徹子さんが初めて作った絵本です。初めての絵本を作るにあたり武井武雄先生に挿絵をお願いし、快諾してもらったものの、その後亡くなられてしまいました。諦めきれなかった徹子さんは先生の娘さんに相談したところ、残された作品の中から物語に合わせた挿絵を出してくれました。その作品すべてが徹子さんのイメージ通りの絵でした。こうして出来上がった奇跡の絵本、最後のページは鳥肌ものです。

    (2017年1月30日)

商品内容

要旨

みなさんだって、木にとまってみたいとおもうでしょ。これは、そうおもっている女の人がつくったおはなしです。

著者紹介

黒柳 徹子 (クロヤナギ テツコ)  
東京音楽大学・声学科卒業。NHK専属俳優に応募、テレビの一期生となった。著書『窓ぎわのトットちゃん』が大ベストセラーに。ユニセフ親善大使のほか、子供たちの幸福のために幅広い活動をこなし活躍中
武井 武雄 (タケイ タケオ)  
1894‐1983年。長野県岡谷市出身。東京美術学校西洋画科卒業。「子どもの心にふれる絵」の創造を目指して自ら「童画」という言葉を生み出し、大正から昭和にかけて玩具やトランプのデザインなど様々な芸術分野で活躍した。『ラムラム王』など、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)