• 本

男子の貞操 僕らの性は、僕らが語る

ちくま新書 1067

出版社名 筑摩書房
出版年月 2014年4月
ISBNコード 978-4-480-06764-7
4-480-06764-7
税込価格 864円
頁数・縦 249P 18cm

商品内容

要旨

「男の性」は、エロやモテるモテないといった言葉で消費され、真剣に語られることはなかった。そのせいか、性欲は尽きない、セックスしたくてたまらないとか思われているが、本当に男は皆そんなにエロいのだろうか。そういった疑問に答えるべく、「射精」「自慰」「童貞」「初体験」「恋愛」「性風俗」「結婚」といった誰もが気になるテーマを根本的な部分から考えなおす。性問題でこじらせてしまう前に読みたい一冊。女性もこれで男の本音がわかる!

目次

序章 僕らを射精に導くのは「誰の手」なのか?
第1章 性を「見分ける力」を身につけよう
第2章 「男子のセックス」七つの処方箋(射精―僕らの「射精原論」―まず、射精をとらえなおす
自慰―射精のために、何を使うべきか。
童貞―セックスできないのではなく、する意欲がない?
恋愛―恋人は、社会への貢献度に応じて支払われる「ボーナス」である
初体験―初体験の社会学 最も個人的な体験が、最も社会的な体験である
性風俗―「利用するもの」ではなく「反面教師にして学ぶもの」
結婚―時間を「敵」ではなく「味方」にせよ)
第3章 僕らの性は、僕らの手でつくる

著者紹介

坂爪 真吾 (サカツメ シンゴ)  
1981年新潟市生まれ。東京大学文学部卒。一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。新しい「性の公共」をつくる、という理念の下、重度身体障害者に対する射精介助サービス、バリアフリーのヌードデッサン会の開催、性風俗産業の社会化を目指す「セックスワーク・サミット」の主宰など、新しい切り口で、社会の性問題の解決に挑戦している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)