• 本

居酒屋ぼったくり

出版社名 アルファポリス
出版年月 2014年5月
ISBNコード 978-4-434-19248-7
4-434-19248-5
税込価格 1,296円
頁数・縦 284P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • ぼったくりという店名なのに、まさか真っ当な店名だとは!

    いわゆるドラマのシナリオ的スクリプト小説。第1話目は初回ということもありスロースタートだけど、徐々にブーストアップしていく物語自体は大変面白い。特にキャラクタ「要」が再登場してからの面白さは、足長おじさんのようで堪えられないです。

    2話目以降からの加速する物語と料理や酒のバリエーションは、読んでいて辛いほど、(呑みつつ読んでましたけど)、ぼったくり行きてぇ!です。今すぐ、テレビ東京にドラマ化を打診してほしい。孤独のグルメも良いけど、美音の格好良さも負けず劣らず美味しい描写だ!

    (2014年5月26日)

商品内容

要旨

東京下町にひっそりとある、居酒屋「ぼったくり」。名に似合わずお得なその店には、旨い酒と美味しい料理、そして今時珍しい義理人情がある―旨いものと人々のふれあいを描いた短編連作小説、待望の書籍化!全国の銘酒情報、簡単なつまみの作り方も満載!

著者紹介

秋川 滝美 (アキカワ タキミ)  
2012年4月よりオンラインにて作品公開開始。2012年10月、「いい加減な夜食」にて出版デビューに至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)