• 本

ユマニチュード入門

出版社名 医学書院
出版年月 2014年6月
ISBNコード 978-4-260-02028-2
4-260-02028-5
税込価格 2,160円
頁数・縦 145P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ユマニチュード(Humanitude)はイヴ・ジネストとロゼット・マレスコッティの2人によってつくり出された、知覚・感情・言語による包括的コミュニケーションにもとづいたケアの技法。この技法は「人とは何か」「ケアをする人とは何か」を問う哲学と、それにもとづく150を超える実践技術から成り立っている。開発者と日本の臨床家たちが協力してつくり上げた決定版入門書!

目次

1 ユマニチュードとは何か(ケアをする人と受ける人
その人に適したケアのレベル
害を与えないケア
人間の「第2の誕生」)
2 ユマニチュードの4つの柱(ユマニチュードの「見る」
ユマニチュードの「話す」
ユマニチュードの「触れる」
ユマニチュードの「立つ」
人間の「第3の誕生」)
3 心をつかむ5つのステップ(出会いの準備
ケアの準備
知覚の連結
感情の固定
再会の約束)
4 ユマニチュードをめぐるQ&A

著者紹介

ジネスト,イヴ (ジネスト,イヴ)   Gineste,Yves
ジネスト‐マレスコッティ研究所長。トゥールーズ大学卒業。体育学の教師で、1979年にフランス文部省から病院職員教育担当者として派遣され、病院職員の腰痛対策に取り組んだことを契機に、看護・介護の分野にかかわることとなった
マレスコッティ,ロゼット (マレスコッティ,ロゼット)   Marescotti,Rosette
ジネスト‐マレスコッティ研究所副所長/SASユマニチュード代表。リモージュ大学卒業。体育学の教師で、1979年にフランス文部省から病院職員教育担当者として派遣され、病院職員の腰痛対策に取り組んだことを契機に、看護・介護の分野にかかわることとなった
本田 美和子 (ホンダ ミワコ)  
国立病院機構東京医療センター総合内科医長/医療経営情報・高齢者ケア研究室長。1993年筑波大学医学専門学群卒業。内科医。国立東京第二病院にて初期研修後、亀田総合病院等を経て米国トマス・ジェファソン大学内科、コーネル大学老年医学科でトレーニングを受ける。その後、国立国際医療研究センター・エイズ治療研究センターを経て2011年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)